いしぷろ日記

今度こそ!50歳からの英語修業~その21

【No.21】フィリピン留学ってこんな感じ

1週間・1日のスケジュール

フィリピンの語学学校の一般的なスケジュールは、1週間コースであろうと3カ月コースであろうと、月曜日が入学日で金曜日が卒業日。前日の日曜に到着して、金曜日の夜か土曜日には学生寮を出て、そのまま空港に向かうか、どこかで観光をしてから帰国、または別の国へと旅立っていく。

初日の午前中は、授業の進め方や学生寮での生活などについて簡単なオリエンテーションを受け、英語のレベルチェックのためのテストを受ける。午後は、学校周辺の散策をしつつ、ショッピングモールやATMなどの場所をガイドしてもらう。

本格的な授業が始まるのは火曜日から。

1日のスケジュールは学校ごとに微妙に異なるが、私が留学したCNE1の場合、朝は7時から朝食。8時には午前中の授業がスタート。選択したコースによって授業時間は異なるが、午前4時間、午後4時間、1日最大8時間、マンツーマンの授業を受ける(マンツーマン6時間、グループレッスン2時間、というプランも可能)。夕方6時から夕食。その後は、他にすることもないので、自室で自習…。まさに勉強漬けの毎日。

マンツーマン授業を体験

受講するコースは、初日のレベルチェックテストの結果を見て、カウンセラーと相談しながら決める。コースは、スピーキング、文法、TOEICスコアアップ、ビジネス英語、発音矯正などの中から自由に組み合わせられるが、私はとにかく話せるようになりたいので、8時間の授業を全て、スピーキングのコースにした。

これは、後からある英語教育者から聞いた話なのだが、「多くの人は、会話力を伸ばしたいから、と、会話のコースばかり選びたがるが、会話力をつけるためには、文法も英作文もやらないと正しく話せるようにならない」とのこと。急がばまわれということか。後にその通りだと実感するのだが、しかし、このときは目先の“会話力”に目がくらんでしまった。

ともあれ、先生と1対1、オールイングリッシュ状態で授業はスタート。

一応教科書はあが、淡々と問題をこなすのではなく、先生とのフリートークも交えながら、とにかく会話をする。

が、すぐに壁にぶち当たる。

こんな簡単なことも言えないのか、というふがいなさ。
こんなことを1週間続けたくらいではぺらぺらにはならないだろう、という焦り。

ショックだったのは、自分がいかに適当な英語をしゃべっていたかを思い知らされたこと。He have~(正しくはHe has~)とか、They was~(正しくはThey were~)とか、あまりにも初歩的なミスを連発してしまい、それをいちいち指摘されるものだから、すっかり自信喪失。冷静に考えたら絶対間違えないと思うけど、とっさにしゃべらなければと思うと案外正しい英語が出てこないのだ。

ちゃんとしたセンテンスで話そうと、考え考え話していたら、
「欧米人は、impatientだから、そのスピードで話していたら怒りだすか、どっかへ行っちゃうよ」と言われる始末。

1週間しかないのにこんな初歩的なことばかりするわけ? この先どうなるの? これだったらオンライン英会話で充分だったんじゃん? と暗澹たる気持ちになってしまったが、同時に、弾丸だからといって急にビュッと英語力があがるわけではなく、地道にこつこつやるしかないんだな、と実感。
There is no royal road to learning.(学問に王道なし)だ…。

型を使えば、なんだか上手に話せる気がする!

会話力を伸ばすのは簡単ではないとわかったけれど、なんだか上手になったように見せるためのコツはある。

それは型を使うこと。

英語の会話には「PREP」と呼ばれるパターンがある。
PREPとは、
P=Point
R=Reason
E=Example
P=Point
のこと。
つまり、相手から何かを聞かれたら、Yes Noだけでなく、まず結論(Point)を言い、次に理由(Reason)を言い、例を挙げ(Example)、また結論(Point)で閉める。

この型で話せると、内容は大したことなくても、すばらしい意見だと言われるし、おそらくスピーキングテストでもポイントが高い。また、この型に沿ってしゃべるようにしたほうが、自分も考えを整理しやすい気がする。

最初は、相手から質問されると、質問を理解することだけで精一杯。「Yes.」と言ったあとに、間髪入れずに「Why?」と聞かれてひるんだものだが、最初からそのつもりで心の準備をしておくことを学んだ。

とっさに答えに詰まったときに、時間稼ぎに使える便利なフレーズも聞いた。
What you are saying is correct. However I have another opinion.(あなたの言うことは正しいけど、私は違う意見なんです)
こう言っている間に、自分の意見をまとめられる。

あるトピックに対して、反対、賛成、と言うときには、全面的に賛成(I am entirely agree with you)、部分的には賛成(Partly agree)、あなたの言うことは正しいと思うけど、私は違う考えを持っているの(I think you are right but I have another opinion)、などいろいろな型がある。それを使って言うと、論理的な感じがして、相手も「何なの?聞こうじゃないの」と姿勢を正すそぶりを見せる。

あと、相手の意見に反対のときは、「I am afraid I can't agree with you.(わるいけど賛成できないわ)」という婉曲な表現も覚えておくといい。

意見を言うときに、だらだらと言うのではなく、あえて3つくらいにポイントを絞るのも、「お、できるな」と思わせるコツかもしれない。

たとえば、「There are three reasons for approving this opinion.(この意見に賛成する理由が3つある)」と言ってから、一つは~~(First)、次に~~(And then)、最後に~~(Finally)と話をつなげる。3つなくても無理矢理3つにしてしまう。日本語でスピーチするときも使える手だと思う。

スポンサーサイト

今度こそ!50歳からの英語修業~その20

いよいよフィリピン留学へGO!

荷造りから渡航まで


フィリピンに行くには、パスポートと航空券があればいい。3カ月以内の渡航にはビザはいらない。ただ、たとえ1週間でもフィリピンに留学する場合はSSP(Special Study Permit=特別就学許可証)の申請が必要。でもこれは、受け入れ先の学校が政府の認定を受けたちゃんとした学校なら、代行してくれるので心配はいらない。申請の費用は、6000ペソ程度(学校が手数料を取る場合がある)。

持ちものとしては、着替え、ノート、筆記用具、電子辞書、パソコンやカメラ。スマホやカメラの充電器も忘れずに。

学生寮にはホテルにあるようなスリッパ、タオル、ドライヤー、ティッシュ、シャンプーリンスなどのアメニティグッズはないので必ず持参。ウエットティッシュもあると便利。トイレットペーパーを備え付けていない学校もあるので(CNE1では備え付けられていました!)、ない場合は現地で早めに調達しないといけない。

Wi-fiは、どこの学校でも、ロビーなどの共有スペースでは使える。学生寮の自室で使えるところとそうでないところがある(CNE1は高速のインターネット環境がある)。また、通信スピードは日本ほど早くないので、動画を見たり、写真をメールに添付して送る際には不便を感じるかもしれない。

着替えは、洗濯サービスが週3回あるので最低限で大丈夫。ただし、フィリピンの洗剤は洗浄力が強すぎるのと、仕上がりがあまりきれいでないこともあるので、高価な服は自分で洗濯するか、持っていかないほうが無難。

意外にないと困るのがコップなのでそれも忘れずに。歯磨きとか、大きいペットボトルの飲料を買ったときに使える。アウトドア用のスプーン・フォークセットもあると便利かも。寮は3食付きだが、夕食は7時に終わってしまうので、小腹がすいたときにカップ麺とか食べることもあるだろうから。

飛行機はLCCのセブパシフィックを利用。往復で6万円前後(時期によってはもっと安く入手できるかも)。機内食を食べる場合は、あらかじめネットで予約をしておく。機内でも注文できる。

マニラまで5時間。機内では映画などのエンターテインメントサービスは一切ないのでひたすら寝るだけ。でも5時間なら案外あっという間だ。

初日、巨大グモにビビる

取材でCNE1を尋ねたときは、高速バスに乗って自力で行った。国内でも、慣れない土地でバスに乗るのはとても不安なものだ。どこから乗るのか、どうやって降りるのかもよくわからない。どうやら、乗車時に、運転手に行先を告げればそこで下ろしてくれるようす。でも、運転手がうっかり止まるのを忘れたら終わりでは?と気が気ではなかった。夜遅く、真っ暗な田舎道に一人降り立ったときの不安ったらなかった。

今回は、せっかく学校の送迎サービスがあるのだから使うことにした(往復日本円で約5000円也)。

現地時間の15:15頃にマニラ国際空港に着き、無事、集合場所で学校スタッフと合流。別便で到着するS子ちゃんを2時間ほど待って、それから車で4時間。マニラの悪名高い渋滞にはまってゆるゆると走る。途中、高速道路を走ったが、高速道路はすいすいいけた。高速のサービスエリアで軽く食事をし、学校に到着したのは夜11時。結構疲れて眠かったが、明日の予定の説明。

S子ちゃんは6週間のコースなので、初日はスピーキングテスト、オリエンテーションと市内案内で終わりとゆったり目。1週間弾丸コースの私のスケジュールは、それプラス、4時間のマンツーマン授業があり、初日からびっしり。よーし、1週間がんばるぞ!と闘志が湧いてくる。

荷物を片付けたり、お風呂に入ったりして、もう12時。明日の朝食は7時から。6時には起きて支度をしたいし、日記も書きたいから(当日はその気力はなかった)もう寝よう、とベッドに入ると、天井に5cmくらいのでっかいクモが! うわ~、毒グモじゃないよね、と気になって眠れない。10分ごとくらいに目が覚めて、クモが移動していないのを確かめてはうとうと、また目が覚めてはクモの位置を確かめて……。何度目か忘れたけど、4時半くらいに目を覚ましたときにはクモはどこかにいっていた。怖いなー、部屋のどこかにいるんだろうなー。でも、きっと人間にそばには来ないと信じて、眠りに就く。

ちなみに、フィリピンではハエ、蚊、アリなどの虫はどこにいってもつきもの。部屋にお菓子とか置いたままにしていると、部屋に帰ったときには100%の確率でアリの大行列に驚愕することになる。

でも…、慣れます!大丈夫!!ハエを手で払いながらご飯を食べたり、デスクの上のアリを手ではらってノートを広げたりできるようになるはず。そんな自分を「強くなったな~」としみじみ思うのも、フィリピン留学の面白いところかもしれない。

一人部屋は快適!

寮の部屋について、ちょっと詳しく述べておこう。

取材でいろいろな学校の寮を見てきたけど、「新しくてきれい」と言われている寮でも、日本のビジネスホテルとか、ワンルームマンションのレベルをイメージして訪れてみたら、がっかりすることは多い。最初から、日本並みのクオリティは望まないこと。そうすれば快適に住めるのではと思う。

ただし、私が滞在した部屋は、その学校の中でも一番お高いランクの部屋なのでとても快適。自分の部屋でWI-FIが使えるのもありがたい。細かいことなのだが、シャワーでちゃんとお湯が出る、水圧もまあまあある(わりと、シャワーがちょろちょろしか出ないというところは多い)、トイレットペーパーが支給される、トイレットペーパーをトイレに流してもいい(ただし一度に大量に流してはだめ)、トイレ&シャワー室が分かれていてまあまあ広い、というところ。こんな細かいところをいちいち言うのはそうでないところが多いから。特に、トイレ事情は女子的には気になるところで、トイレットペーパーを流してはいけないトイレだと、気分がちょっとダウンしてしまう。とは言いつつ、2、3日で慣れてしまうのも事実。

今度こそ!50歳からの英語修業~その19

弾丸1週間 フィリピン留学体験編

まずは家族の説得から

フィリピン留学を取材して、「私もやってみたい!」という気持ちが日々募っていた。オンライン英会話は続けていたけれど、めきめき伸びたような気がしたのは最初だけ(最初のレベルがひどすぎたので)。全然進歩が感じられないな~という日々が続いていた。「この停滞期を脱出するには、フィリピン留学しかない!!」という心境になっていた。

とはいえ、取材した多くの留学生によると、「微妙なニュアンスまでは無理でも、なんとか自分の言いたいことを英語で言える」ようになるにはだいたい3カ月前後はかかる様子。夫も子どももいる私には、3カ月も家を空けるなんて無理。子どもの教育費もまだまだかかるというのに、自分の留学のためにお金を使っていいのか?お金をかけるべきは、50を過ぎた私ではなく子どもでは? まあ、絶対無理だわな、と諦めていたのだ。

そんなときに知ったのが、フィリピン留学。その魅力はこれまでも述べてきたとおり。1カ月でも成果を実感したという人にもたくさん会ってきた。
しかも、1週間の超短期留学プランもあるらしい。1週間なら10万円ちょっとで行ける。忙しい社会人の中には、毎年1回、1週間の弾丸コースを受けることを恒例にしている人もいるそうだ。

よっしゃ、私もこの手でいこう! 

もちろん、たった1週間でペラペラになるなんて思っていない。だけど、マンツーマンの集中講義がどれほど効果的なのか、体感してみたい。
仕事のほうは調整すれば1週間くらいは捻出できそうだ。家のことは夫と子どもに任せなければならないが、子どもはもう高校生。自分のことは自分でできる。夕食は、お弁当の宅配を利用すれば夫の負担も軽減できる(長期出張のときもこれを利用してきた)。一番心配なのは意外にもイヌの世話。朝夕のイヌの散歩と家事を両方やるのは無理、と夫。これは、近くで一人暮らしをしている上の息子が、預かってくれるということで一件落着(家族に大感謝)。

学校選び

問題は、どこの学校に行くか。どこの学校も、日々カリキュラムを改善し、生徒たちの満足度も高い。どこの学校を選んでも、勉強面で失敗することはなさそうだ。 

となると、次に重視するのは生活面。もう学生でもないし、大部屋はイヤ。なるべくきれいな一人部屋がいい。ホスピタリティもいいに越したことはない。
 考えた末決めたのは、「ここがおススメ!」と紹介したセブでもバギオでもマニラでもなく、マニラから車で4~5時間のターラックという地域にあるCNE1という学校。

2009年に設立した日本人経営の学校としては最古の学校で、日本人代表者の井坂浩章氏が、マンゴー畑しかない田舎の土地を切り拓いて建てたのだという。フィリピン政府高等教育委員会 (Commission on Higher Education)に正式に認可された学校で、教育の質も申し分なさそう。日本人比率がほぼ100%というのは気になったが、先生とがんがん英語で話せばいい。

 人それぞれこだわるところは違うと思うが、私の場合、よくよく考えると結局は代表の井坂氏の生き様に感動してしまったからというのが理由。

名前を聞けばだれでも知っている大手IT企業の立上げに関わり、軌道に乗せた後、引退。その後世界25カ国を訪ね歩く。その間、8つの語学学校に通った経験をもとに、理想の語学学校をフィリピンに作ったのが2009年。その後の日本人経営の英語学校ブームの草分けとなった。英語学校だけでなく、英+バリスタコースやITコースを開設するなど、新しいチャレンジを続けている。マニラから車で5時間という不便な土地にありながら、口コミで訪れた生徒は3000人超。マンゴー畑しかなかった辺境の地に、人の流れを作り雇用を生み出した。現地の人も井坂さんに感謝しているはずだ。英語の勉強とは全然関係ないけれど、そんな井坂さんが作った学校で学んでみたいと思ったのだ。

今度こそ!50歳からの英語修業~その18

意外に気になる!留学先でとけこめるのか~後編

人生は何歳からでも楽しめる

居心地がいいかどうかは、こちらの気持ち次第ではないかと思う。

話は大きくそれてしまうが、私がこう思えるようになったのは、はるか昔の1990年代、30代の初めに1カ月間のフランス語学留学をしたのがきっかけかもしれない。

フランス語が好きで(その当時は英語には全く興味がなかった)、フランス語とフランス文化にどっぷりつかりたいと、2歳の娘を置いてフランスに飛び立ったのだ。育児と仕事の両立に孤軍奮闘し、心底疲れ、現実逃避をしたかったというのもある。

その時の私は、「もう30歳、若くない、仕事も失って、乳飲み子を抱えて再就職先もない、もう人生の華のある時期は終わった」と思っていた。が、留学先で出会ったのは、50、60、最高では80代の女性たちが、「もうおばあちゃんだし…」と遠慮することなく、ぐいぐい若者たちの輪の中に入って、学校生活を楽しんでいる姿だった。

長年の憧れだったフランスに過ごし、フランス語を存分に学べたこと、もう一度日本に戻ってキャリアを立て直そうと思えたことは収穫だったが、「人生、何歳になっても楽しんでいいんだ!」と思えたことも、思いのほか大きな収穫だった。

アウェー感を克服するには人のやりたがらないことをする

とはいえ、一人だけ人と違う、自分は少数派、というシチュエーションが、居心地が悪いのは確か。カナダ出張のときの、英語がしゃべれないのは私だけ、というシチュエーションは、かなり居心地が悪かった。

留学に限らず、そういうアウェー感にさいなまれたときに、私が必ずすることがある。

それは、人のやりたがらないことをやる、ということだ。たとえば飲み会だったら、大皿の料理をみんなに分けてあげるとか。ほかによくやるのは、みんなの写真係を買って出ることだ。

外出先で、たくさん写真を撮るけれど、自分の写真がほとんどないというのはよくあること。だから、撮ってあげて後で送るととても喜んでくれるのだ。

カナダ出張のときも、行く先々で集合写真をはじめ、メンバーたちの写真を撮って、その日の夜にはベストショットを選んで送ってあげた。写真を撮るのはもともと好きだから苦にならないし、喜んでくれるのが本当に嬉しいのだ。

写真をきっかけに話もできるし、写真を送るという理由でメールアドレスも聞ける。英語はあまりできなかったけれど、写真のおかげでぐっとメンバーとは仲良くなれた。フィリピンでももちろん、写真係をやらせていただいた。

写真でなくても、「何かこの集団の中で、自分が貢献できることはないか」と考え、みんなのためにできることをやればいいと思う。すると、自然と居場所ができて、アウェー感をおぼえなくなる。

ただし、好きでないことを無理してしないこと。そして、がんばりすぎないことだ。やりすぎて「点数稼ぎしている」とやっかまれたり、相手に「そこまでさせて申し訳ない」と思わせたりしない程度の貢献がちょうどいい。

今度こそ!50歳からの英語修業~その17

実は気になる!留学先でとけこめるのか~前編


シニア留学生は孤独?

フィリピンに限らず、留学に来ている人って学生とか、社会人でも若い人ばかりなのでは? シニアには居心地が悪いのでは? と心配する人がいるかもしれない。

確かに、取材で訪れた学校のいくつかには、シニアの生徒さんが、一人ポツンとテーブルに座って食事をしている姿を見ることがあった。

もし、若い人ばっかりに囲まれるのはいや、と思っているなら、学生の春休み、夏休みの時期を避けるのが賢明。とくに、7、8月は夏休みを利用して短期留学をする大学生であふれている。

しかし、大学を休学して半年や1年間留学する人もいるので、常に若い人はいるし、どんな時期でもシニアは圧倒的な少数派だ。

年齢を気にするのは、シニアに限らない。というのも、私が1週間留学をしたとき、同じ日に入学した人(バッチメイトというらしい)からこんなことを言われたから。

「石井さんみたいな人がいてほっとしました。若い人ばっかりだったら居心地悪いだろうなーって心配だったんです。でも、母くらいの年齢の人もいるんだ、と安心しました」

母くらいの年齢の人とはもちろん私のこと。「え、そんな年に見える?」とちょびっと傷ついたが(笑)、ま、それはさておき、当の彼女はいくつかと聞いたら、まだ30歳。「全然若い人のうちじゃん!私なんかどうなるの!?」と思ったが、こんな若い人でも不安なんだ~、ということで逆に安心した。

私の留学中、企業から派遣されてきた30代の男性(Sさん)と、50代の男性(Kさん)もいたが、若い方のSさんから「石井さんはKさんと同年代くらいでしょう? こういう方がいてくれると、やっぱり安心ですよね」と言われた(こういう方って…言い方!!!笑)。

Sさんも自分が最年長ではと不安だったというのだ。要は私が年をとっていることが喜ばれているわけで、ちょっと複雑な気持ちではあったが、男性も年齢は気になるのか~、と発見だった。

一期一会を楽しもう

年齢だけでなく、留学中はみんな何かと不安だ。

友だちできるかな、とか、ちゃんと英語力伸びるのかな、帰国後、仕事みつかるのかな、などなど。

同じ不安を持つ仲間だから、バッチメイト同士はすごく仲良くなる傾向がある。仲良く、といっても中高生時代のように、トイレに行くのも教室移動のときもいっしょ、というのではなくて、食堂で顔を合わせたらいっしょにご飯を食べたり、わからないことを相談し合ったりというくらいのことだが。それでも心強いことに変わりはない。

私は、短い留学期間中に、できるだけ多くの人と話したいから、バッチメイト以外でも、食堂でテーブルが空いていたら「座っていい?」とすかさず割り込んでいた。

一見とっつきにくそうな、今どきのおしゃれな格好をした若い子たちも、「どうぞ~」と気軽に仲間に入れてくれるし、彼ら彼女らがどうして留学しようと思ったのか、これから何をしたいのか聞くのは面白い。

ついでに今なにが流行っているの?とか聞くとこちらも勉強になる。とくに若い子たちが、YouTubeや便利なアプリを使って自室でも気軽に勉強していることを知り、ほとほと感心してしまった。未だにひたすら紙に書いてカリカリ勉強している私とは全然違う。

とにかく、「もう年だし」「若い子の中に入っていったら疎まれるよね」とか思わないことだ。

留学中に会う人って、ほとんどがもう二度と会うことのない人だ。まさに一期一会。このご縁を大事にしたい。

若い人たちから学ぶことはたくさんあるし、こちらも、疎まれるばかりではなく、若い人たちに分け与えられるものはあるかもしれない。日ごろ無口な人でも、留学期間だけは「社交スイッチ」(そんなものがあるならば)を入れて、どんどん話しかけるといい。(つづく)