いしぷろ日記

今度こそ!50歳からの英語修業~最終回

結局、私の英語修業はどうなったのか

50を過ぎて、今さら成果が出せるのか!?と思いつつ始めた私の英語修業。気がつけばもう5年くらいの月日が経っている。しかし、肝心の英語力はといえば、ペラペラには程遠い。海外一人旅はできても、仕事にはとうえい使えない。

それでも、無謀にもこの英語力で、何度か一人で海外出張に出かけた。現地の人とメールでやりとりをして、アポイントを取ったり、人に道を聞きながら取材先にたどりついたり、自力でAir B&Bで宿泊先を探し、ネイティブのホストファミリーとぎこちないながらも会話をしたり。現地での様々なトラブルも、なんとかくぐり抜けてきた。オンライン英会話を始める前の私なら、決してできなかっただろう。

これまで述べてきたように、また、ここに書いていないものも含め、私は色々な英語勉強法を試してきた。どれも長続きしない中、オンライン英会話だけは続いて、それなりに効果があったと感じている。しかし、これだけでは今以上の飛躍は望めない、ということもわかってきた。

私のように、もともとの英語力が低ければ、オンライン英会話でも、一時的にすごく伸びた!と感じることはできる。でも、それ以上英語力を上げたいと思ったらオンライン英会話だけではダメ。

よく、日本人は真面目でシャイな人が多く、間違うのを恐れて積極的にしゃべろうとしない。だからなかなか英語力が伸びない。それに対し、他国の留学生は間違いを恐れずどんどんしゃべるからあっという間に英語がしゃべれるようになる。日本人にまず必要なのは、「間違ってもとにかく話そうとする姿勢だ」という話は嫌というほど聞いてきた。

「間違ってもとにかく話そうとする姿勢」について言えば、オンライン英会話で確実に身につけることができたと思う。
そうでなければ、一人で海外出張になど行けなかった。

でも、やはりそれ以上を目指したい。ただ海外出張に行って生きて帰って来ました、だけでなく英語で取材をし、英語で記事を書けるようになりたい。それができるようになるにはどんな勉強をすればいいのだろうか。いったいどのくらいの期間がかかるのだろうか。

長期留学をすれば、嫌でもしゃべれるようになるのだろうけれど、そんな時間もお金も費やせない人はどうすればいいのか。

悩んだ末、猪浦道夫という一人の古い友人を思い出した。

彼は、8か国語を繰る言語学者で、最近『TOEIC亡国論』という本を出した。2003年に出した『語学で身を立てる』はロングセラーになっている。

20年来のつかず離れずの付き合いで、美食家の彼とたまに会っては飲み食いをし、彼の恋バナ(私のではない)をひたすら聞いてきたが、残念なことに私は、優れた言語学者である彼から一度も英語を学ばなかった。なぜかというと、彼の力説する効果的な勉強法が、まずは文法、次に作文力、語彙力、英文和訳(結局、全部じゃん!)という、いかにも地道で大変そうなものだったからだ。

しかし、今思うに、結局それが、一番の近道なのかもしれない。

どんな言語を学ぶにしても、最初に言葉の仕組み(文法)を理解してからのほうが効率的だ。また、会話とは、頭の中で作った文をアウトプットすることだから、英作文力なしに会話はできない。語彙力がなければ、複雑な感情を表せないし、知らない単語が多いと相手の言っていることを聞き取ることもできない。

で、猪浦氏に、「1年以内に、英語で取材できて、英語で記事が書けるようになりたいんだけど」と相談すると、「ムリです」と即答されてしまった。

しかし心優しき旧友は、「あなたのために特別に英作文力向上プログラムを作ってあげましょう」と約束してくれた。ただし、「言っておきますがかなり厳しいですよ」とつけ加えることを忘れなかったが。

そんなわけで、あれほど避けたいと思っていた、地道な勉強を始めることにしたのである。

というわけで、私の英語修業はまだまだ続く(たぶん)。

スポンサーサイト

今度こそ!50歳からの英語修業~その29

自腹でも留学したいと思った学校ベスト3~後編

前回は、セブで個人的にイチオシの学校、ファーストイングリッシュを紹介した。今回は、マニラ、バギオの学校を紹介しよう。

おススメその2 PICO(マニラ アラバン地区)

マニラのアキノ国際空港から高速道路を使って車で約20分。モンテンルパ市のアラバンにある、PICOという語学学校。ちなみにアラバンは、日本企業も多く進出する、治安がよく高級感のあるビジネスエリア。

PICOは、受講前にスカイプで1時間程度の面接があり、それをもとに生徒さん一人ひとりに合ったカリキュラムを作ってくれるのが特徴。

先生は全員が教師免許を持ち、英国ケンブリッジ大学認定CELTA(Certificate in English Language Teaching to Adults)の受講者。ベテランぞろいなので話題も豊富。経験を積んだ企業人の生徒さんも多いので、その点はポイントが高い。若い先生が多い学校は、活気があっていいのだが、フリートークのときに知的な会話を楽しめないな、というのは他の学校でちょっと感じたことだ。

生徒さんは企業から派遣されてくる方が多く、校内は大人の雰囲気。会社のお金で来るだけに真剣度も高い。まわりの雰囲気というのも勉強には重要で、真剣度の高いクラスメイトが多いほうが、勉強のモチベーションはあがる。

住環境も完璧。

学生寮は、シャワー、トイレ、キッチン付きの快適なワンルーム。他の学校にはなかったけれどテレビもある。テレビは勉強のじゃまになるという説は一理あるが、英語のニュースやドラマを流しっぱなしにしておくと耳が慣れるので、やはりあるほうがいいなと思う。

学校から徒歩数分のところにある高級ホテルを選択することもできる。プールやレストランなど、ホテルの施設設備も当然使える。かといって費用もそれほど高くないのは魅力。

ただ、校舎と寮が同じ敷地になるワンストップ型の学校と異なり、徒歩数分とはいえ、通学があるのが面倒といえば面倒(忘れ物を気軽に取りに行けないといったレベルだが…)。

おススメその3 BECI(バギオ)

BECIは、マニラ国際空港から陸路で約6時間、標高1500メートルの高地、バギオにある。中心街からはタクシーで30分くらいの高級住宅地にあるスパルタ式の学校。周囲に遊ぶものが何もなく、勉強に集中したい人にはとくにおすすめ。

学校は、広いキャンパス内に、教室、学生寮、よく手入れされた庭や芝の広場がある。学生寮は傾斜地に建っているため、窓からの眺めは最高。最上階にある広々したラウンジからは素晴らしいマウンテンビューが楽しめる。

BECIの特徴はスピーキングに特化したプログラム。1カ月の集中発音矯正プログラム+スピーキング特訓がおすすめだ。スピーキング特訓は、英語で会話しているところをビデオに取り、すべての発言を書き起こした上で、よく間違う点や文法の弱点を分析・矯正される。厳しいが確実に成果があがる自信のプログラムだ。

韓国資本の学校のため、日本資本の学校よりも、生徒の国籍に多様性がある。韓国、台湾、ベトナム、ロシア、アフリカなど、いろいろな国籍の人と知り合えるのは魅力。

強いて難点を言えば、食事がちょっと質素かもしれない。


以上がベスト3。

他にもいい学校はたくさんなるが、キリがないのでここまで。

いずれにせよ、完璧な人間がいないのと同じで、どこの学校にも良い面、悪い面がある。でも、せっかく留学するのだから、悪い面には目をつぶって、良い面を徹底的に利用するのが成功のポイントではないかと思う。

どこがいい、というより、自分がどこまで頑張るかが全てではないかと思う。

長々と、私の英語修業の日々について語ってきたが(後半はほとんどフィリピンの話になったけど…)次回は、最終回(多分)。で、修業して結局どうなのよ、これからどうするのよ、ということを書こうと思います。

今度こそ!50歳からの英語修業~その28

自腹でも留学したいと思った学校ベスト3 ~前編

取材で多くの語学学校を取材してきて、この学校いい!と思うことは多々あった。今回の弾丸1週間留学では、ターラックにあるCNE1を選んだが、ほかにも心惹かれた学校があり、迷った末決めたのだ。
もし、もう一度留学をするなら、違うタイプの学校にも行ってみたい。取材ではなく自腹でも行くとしたらどこがいいだろう…。フィリピン留学で人気の、セブ、バギオ、マニラ、各エリアから、私が行きたいと思った学校を紹介しよう。
ただし、先に断っておくが、前にも述べたとおり、留学で何を重視するかは人それぞれ大きく異なる。私にとってGoodでも、他の人にとってはNo Goodかもしれない(おススメのラーメン屋と似ている)。その点、あらかじめご了承いただきたい。

おススメ その1 ファーストイングリッシュ(セブ マクタン島)

国際空港から車で20分くらい、セブ マクタン島にあるファーストイングリッシュ。代表は、日本で10年以上塾を経営しているという本多正治さん。ご自身もフィリピン留学を経験し、マンツーマン指導のよさに感動。日本で塾を経営していたノウハウを取り入れて、日本人向けに、もっとハイレベルなサービスを提供しようと考えたことからファーストイングリッシュを開校したそう。

「フィリピン留学成功の秘訣」でも述べた、3つの復習、毎日の単語テスト、瞬間英作文(英文、即座に、英文にする訓練)、発音矯正プログラムなどが特徴のあるメソッド。これらのメソッドをこなせば、確実に英語力があがりそうな気配濃厚。

さらに気に入ったのが、目の肥えた日本人の、高いホスピタリティニーズに答えるサービスの質のよさ。ここ以外のすべての学校が、食事はカフェテリア方式を採用していると思うが、ファーストイングリッシュでは、料理は各テーブルに運ばれてくる。食器も陶器製。英語学習に全然関係ないことかもしれないが、私はいたく感動した。

さ・ら・に、感動したのが、本多氏ご自身の哲学だ。日本人は賢いが英語がしゃべれないために世界で存在感を発揮できない。原爆を経験した日本人が、世界へ平和の尊さを訴えることができれば、世の中は平和になる。英語ができる日本人=平和な世界!と強く訴えておられたのがとても印象に残っている。

今度こそ!50歳からの英語修業~その27

フィリピン留学こぼれ話~その2

フィリピンのソウルフードと言えば

フィリピンで一番人気のファストフードといえばJollyBee(ジョリービー)というハンバーガー屋だ。マクドナルドもあるけれど、断然ジョリービーのほうが人気。フィリピン人好みのちょっと甘い味付けが好まれるらしい。

フィリピン料理のチェーンのファミレスでは、マング イナサル(Mang Inasal)が安くて味もまあまあ。おすすめは、シジリン・シシグ(豚の耳や顔の部分を細かく刻んで炒めたもの)、ピナクベット(エビの塩辛で味付けした野菜炒め)、レチョン(子豚の丸焼き)、シニガン(酸味のある魚介類のスープ)など。

フィリピンの移動手段

フィリピンのポピュラーな交通手段といえば、ワゴン車を改造した小型バス、ジープニーや、自転車に座席がついたトライシクル。ジープニーはどこまで載っても10ペソくらい。トライシクルは7ペソ。自転車ではなくバイクに座席がついたものはバタバタと呼ばれていて、これは10ペソくらい。

安いし、本数もかなりあるので便利だと思うが、難点は乗り方、降り方がわかりにくいこと。一応、停留所はあるが、わかりにくい。みんなが集まっているところに立っていれば、極彩色のジープニーが次々やってくるので、そのうちのどれかに乗ればいいだろう。ジープニーの場合、行先は車体に書いているが、土地勘がないと、それがどの辺なのか見当もつかない。ある程度生活になれて土地勘ができてから挑戦したい。ローカルのフィリピン人はたいていみんなフレンドリーでいい人だけど、ジープニー内でスリに遭ったという話も時々聞くので、常に緊張感は必要だ。

お手軽なのはタクシー。30分くらい載っても、100ペソ程度で、日本のタクシー代に比べたら激安。ただし、タクシーも高額な料金をふっかけられたり、運転手が道を知らなかったりなど、トラブルがないとは言えない。メーターがついていないタクシーもあって、降りるときに高額な料金を求められることもある。いっそ、あらかじめ料金がわかり運転手の評価もわかるウーバーの方が安心。GPSで行先もわかるから、道に迷うこともない。評価は5点満点で4以上が付いている運転手を選ぼう。

フィリピンのトイレ事情

フィリピンに留学する場合、トイレを使うとしたらホテルとか語学学校、学校の寮、範囲を広げてせいぜいショッピグモールのトイレだろう。それなら、美しさ、清潔さという面ではあまり心配することはない。

ただし、気をつけなければならないのがトイレットペーパー。フィリピンではトイレットペーパーを流してはいけないトイレがとても多い。下水管が脆弱なのですぐに詰まってしまうからだ。使用したトイレットペーパーは、トイレ脇のくずかごに捨てること。意外と、拭いたら流すという行動が自動運転状態で身についているからうっかり流してしまうが。学校の寮は、流してもいいところもあるが、一度に大量に流すと詰まったり流れなかったりするので、少しずつ流すのがコツ。

ショッピングモールや、学校でも、トイレットペーパーを備えていない場合があるので、出かけるときは鞄にトイレットペーパーを入れて出かけること。田舎に行くと、紙はなく、水の入ったバケツと手桶だけがおいてあるところもある。

あと、ヨーロッパでもよく見かけるが、便座のないトイレもある。これはかなり衝撃。週末のアクティビティで田舎に出かける場合はそのあたり覚悟していこう。

フィリピンに限らず、海外ではトイレに悩まされることが多い。こんなとき、日本って本当にいいなーと思う。

今度こそ!50歳からの英語修業~その26

フィリピン留学こぼれ話~その1

筆記体を書いてほめられる

授業中にノートを取っていると、何度か「あなた、カーシヴが書けるの!?」と驚かれた。

カーシヴとは筆記体のこと。ブロック体だと読みやすい字が書けるので、授業のあとでノートをまとめるときはブロック体を使うが、スピードを要する授業中のノートはいつも筆記体で書いていた。それを見た先生たちに、「カーシヴが書ける生徒を初めて見た!」と言われたのだ。

今30代以上の人は、中学校で筆記体を習っているからみんな書けるはず。が、それ以下の年代になるとあやしい。

理由はこういうこと。

あるとき、学習指導要領から「筆記体」の項目が消えたのだ。

学習指導要領とは、文部科学省が出す、「学校では最低ここまでは教えてね」という指針。だいたい10年ごとに見なおされる。

“最低”といってもそれだけでも十分大変な量だから、学習指導要領に載っていないことまで教えてくれる学校は限られる。つまり、消えた項目は、教えられることなく忘れ去られてしまうのだ。その一つが「筆記体」。2002年、ゆとり教育の頃に中学校の学習指導要領から削除された。

教育とは大事であると同時に恐ろしい、と思うのはこんなとき。学習指導要領から消えたものは教わらない。教わらないことはできない。

たとえば、「鉄棒の逆上がり」。子どものころ、逆上がりができるまで放課後に残って何度も練習した記憶があるし、そういう子をよく見かけたものだ。今はそんな光景を見ることもない。その理由は、昭和55年に施行された学習指導要領から「逆上がり」が消えたから。

その代りに、今の小学生はプログラミングも勉強するし、英語も必須化される。


新しく学ばなければならないことが増える一方、なくなっていくものがある。そうしないと先生も子どももいっぱいいっぱいになってしまう。それはわからなくはないのだけど、筆記体は書けたほうがいいような気がする。

ブロック体よりも絶対に早く書けるし、傾斜がきれいに揃った筆記体のノートは美しい。英語への憧れは、美しい筆記体から始まったようにも思うのだ。