いしぷろ日記

今度こそ!50歳からの英語修業~その1

私の英語修業の日々(まだまだ格闘中ですが、、)をつづった連載を始めました、、自分の恥をネタにするのは若干抵抗があったのですが、同じお悩みを持つ人のお役に立てればと思います!

3日坊主の繰り返し。私の英語修業遍歴

英語が話せたらカッコイイ!思い続けてン十年

「英語が話せたらいいな」だれでも一度はそんなことを思うのではないだろうか。

なぜ、英語をすらすら話している人はかっこよく見えるのだろう。理由はわからないけど、話せるようになりたい! たったそれだけの理由で、留学している人を何人も見てきた。「英語を使えるようになって○○がしたい」「こういう仕事に就きたい」という明確な目的を持って留学している人もたくさんいて、それも素晴らしいと思うけれど、「ただなんとなく英語にあこがれて」という理由だけで留学している人も、それはそれですばらしいと思う。

たいていの人は憧れるだけで、話せないままなのだから。
まさに私がそういう人。

今年こそは!と思っては三日坊主の繰り返し

これまで何度か「今年こそは」と思って英語の勉強に取り組んできた。

最初は「駅前留学」というキャッチフレーズでお馴染みの英会話スクールだった。多くの英会話スクールは月謝制ではなく、前納制。申込時に何十回分の授業の回数券を買う。多く買えば買うほど1回あたりの値段が安くなるから、私は3年間有効の回数券を、40万円分くらい払ったと記憶している。

当時はまだ会社勤めだったので、通えるのは平日の夜か土日。夜はやっぱり疲れるから土日に行くことになるのだが、最寄の教室は、家から電車で20分くらい。休日にわざわざ出かけるのは面倒だった。

3人のグループレッスンだったのだけど、すらすら英語が出てこなくてもじもじしているうちに、他の2人ばかりが発言し、自分はほとんどしゃべれない。だんだん嫌になって、1年も通わないうちに行かなくなってしまった。

もちろん、大量のレッスンチケットはパア。

苦しい勉強は嫌。ラクな勉強法を渡り歩く

単語を暗記したり、辞書を引き引き英文を読んだり、はたまた英文を書き写したりといった面倒な勉強はイヤ。聞くだけ、見るだけで英語が話せるようになりたい(そんなことは絶対ない、と知るのはだいぶあとのこと)。

だから目につくのは、「わずか1カ月で!」とか「たった50パターン覚えるだけで」といったたぐいの本や勉強法ばかり。


石川遼くんのCMで有名になったスピードラーニングも試してみた。毎月、自己紹介、趣味、といったテーマでよく使われる短いフレーズがずらっと載った小冊子と音声教材が送られてくる(今はCDなのだろうけど、私が購入したときはカセットテープだった)。音声教材は、まず英語のフレーズが聞こえてきて、一呼吸おいて、日本語の訳が聞こえてくる。辞書を引かなくても意味がわかり、聞き流すだけでこれらのフレーズが頭にインプットされる。何度も聞くことで記憶に残り、いざというときに口から出てくるというわけだ。なんとラクチンな!

しかし、これすら続かなかった。毎月送られてくる会話集のテーマが、「恋愛」になった途端、アイ ラヴ ユーとかキミの瞳に乾杯とか、絶対に使わないフレーズだよなー、と急に興味が失せ、翌月からの講読をストップ。これまで送られてきた半年分くらいのカセットテープは、聞き返すこともしないまましばらくホコリをかぶっていたが、何年か後の大掃除のときに捨ててしまった。

タイトルは忘れたが、100のフレーズを暗記すれば話せるようになるという、CD教材付きの本も試してみた。しばらくはがんばって丸暗記しようと毎日のように聴いていたが、これもあるときふっと熱が冷めてしまった。飽きてしまったのか、仕事が忙しくなってフェードアウトしたのか。著者が韓国人だったせいか、例文が「こういうフレーズ、日本で使わないよなー」というもので、気持ちが入らなかったことも一因かもしれない。

英語教育で定評のあるアルクの教材もいくつか試してみた。アルクというと、ヒアリングマラソンが有名だが、“マラソン”という言葉に、長距離、苦しく長く続く、とネガティブな連想をしてしまい、ハナからできそうな気がしない。

少しでもラクなものはないかと体験者の声などを見て見つけたのが「ボキャビル」。チャンツで単語を覚えたのち、その単語を使った会話を聞くという構成。会話はオフィスや家庭でありそうな場面が多く、長さも長すぎず短すぎずちょうどいい。何度も聞いて暗記できれば、ここぞという場面ですっと英語が出てきそう。移動中の電車の中でしばらくは毎日聞いていた。が、これも多分、3カ月続かなかったと思う。

私の怠惰な性格に敗因はあるのだが、今思えば、英語のフレーズを一生懸命覚えたところで、使う機会がほとんどない、という事情もあったと思う。もし、一つでも覚えたフレーズをどこかで使えて、それが通じたら、「通じた!」という喜びがモチベーションになって続いたのかもしれない。後にオンライン英会話を始めてから気づいた。

スポンサーサイト

今日からフィリピン弾丸1週間英語特訓

昨年にはセブ、今年はマニラ〜ターラック〜バギオの英語学校を取材して、やっぱりフィリピン留学はすごい!と実感した私。チャンスがあれば私もぜひ!と思っていました。

でも、家族もいるし、仕事もあるし、長期間の滞在は難しい。

だけど、私には夢がある。それは英語でインタビューができるライターになること。

留学経験なし、英語がもともと好きだったわけでも、得意だったわけでもなし。だけど、英語がしゃべれたらかっこいいよね、という憧れはずっとあったのです。

で、思い切って、この間のフィリピン出張から帰国後すぐ、申し込みだけはしておいたのです。それが今日からの弾丸ツアー。1週間なら家族もなんとか許してくれるでしょう(というか無理矢理許してもらった?)。フィリピン留学の場合、1週間でも1ヶ月でも費用はたいして変わらないのですが。。

さて、これから最後の荷造りです。今後どうなるか!?少しずつ報告しようと思います!

わが息子と三年寝たろう

息子1号のことで心を痛めている。
小学校の頃から問題ばかり起こす子だった。
高校を卒業し、お笑い芸人になりたいと、専門学校に進学。
そう甘いもんじゃないとは思いつつ、
やりたいことが見つかってよかったと応援してきた。

居酒屋でアルバイトをするようになり、外泊がちになる。
家にいても寝てばかり。部屋は荒れ放題。
でも、生きていてくれればそれでいい、と放置してきた。

1年が過ぎたある日、学校から、ほとんど出席していない、
このままでは卒業できないと電話が入る。

ああ、やっぱり。。。。

彼は自分探しのループにはまってしまっている。
ちょこっとかじっては、大した努力もしないうちに、これじゃない、と諦める。
この繰り返しがいつまでつづくのか。

こういう場合、どうしたらいいのだろう。
厳しく叱るべきなのか。

悶々と悩むのだが、
最後に頭に浮かぶのは
『3年寝たろう』の話なのである。

3年間、働きもせずぐうたらぐうたら寝てばかりの寝たろうが、
あるとき急に目覚めて、じいさんばあさんに、船を作ってくれという。
貧しいはずの爺さんばあさんは、どうやってお金を工面したのか、
船を用意して寝たろうに与える。新しいわらじもたくさん作ってくれと言われそれも用意する。
そんでもって、寝たろうは船で佐渡島にでかけ、金山掘りたちの汚い草鞋と新品のわらじを
ただでとっかえて、「なんということを!やっぱり寝たろうはバカだった」と笑われるのだが、
汚い草鞋にはたくさんの砂金がついていて、寝たろうは大金持ちに、、
というような話だったかと。

で、
わが息子は寝たろうなのだ、
彼は今、だらだらと親のすねをかじるだけの怠け者に見えるけれど
最後は目的を見つけて、何かを成し遂げるはずだ、とそう考える。

しかし、それは単なる親の怠慢なのではないか、とも考える。
叱るのはエネルギーがいる。わざわざ相手に嫌われるとわかっていて
嫌なことを言うのだから。
二十歳そこそこの頃、自分もろくな人間じゃなかったしな、という想いもある。

で、びしっと叱れない。

これが、
悩みがないのが悩みどす~、と公言している私の
唯一の人に言えない悩みである。



絶対に受けたくないと思っていたTOEICを受験すると決意した理由

TOEICを受験することにしました。
TOEICだけは嫌だわ~と思っていたのですが。

試験時間が、2時間近くかかるとか聞くし、スコアが低いと凹むだろうし、
英語が話せるようになりたいとは思うけど、スコアなんて別にどうでもいいし、
とにかく面倒くさい、というのが、今まで「TOEICを受けたくない」と思っていた理由。

でも、英語って、話せるようになるまでにとてつもなく長い時間がかかる。
進歩しているのかどうか、実感しづらい。
途中でくじけないために、なにか目標を持ったほうがいいのではないか、と思ったのです。

その前に、なぜ、そこまで英語にこだわるようになったか、なのですが、
昨年あたりから、相次いで、海外出張が続いたことが大きい。

とくに、先月のカナダ行で、私の英語力、なんとかせねば!と強く思ったのでした。
それまでは、現地に日本語が話せる方がいてその方がアテンドしてくださったので、
英語が話せなくても特に不便を感じなかったのだけど、
先月のカナダはそうはいきませんでした。

出張の内容は、一種のプレスツアーのようなもので、カナダのある州内の学校を視察して回ったのですが、
日本人を含む8人ほどのメンバーの中に英語ができないのは、私だけ!

視察では、行く先々で、現地の教育関係者たちからディナーに招待され、
英語で談笑し、交流を深めなければならないという最大のピンチ。
日によっては夕食だけでなく、昼食、ときには朝食まで(パワーランチ、パワーブレックファストというやつです)
つたない英語で話をせざるを得ない環境に。それが1週間も続いたのです。
私の当惑ぶりが想像いただけるでしょうか。。

ある日のパワーブレックファストで、いきなり自己紹介を、と言われた時は
声が震えるかも、感極まって声が出ないかもと、心臓はバクバク、テーブルの下では足がガクガク。

しかし、私はなんとかやり遂げました…。

実は、ひそかにオンライン英会話を受講していた私、This is a pen.のレベルからスタートしなくてすんだのは
不幸中の幸いでした。
オンライン英会話でフィリピン人の先生とフリートークをしているだけじゃ、絶対に英語なんて話せるようにならないと、
英語のできる知人らに揶揄されつつも続けてよかった! 

私のあまりのヘタな英語に、相手は一瞬「えっ」という顔をしますが、それにひるまず話し続ける!
英語のできる人たちで話が弾んでいて、自分だけポツン、と一人になっていても凹まず、スキをみて会話に割り込む! 
この2つをキモに命じ、私なりに、その悪夢のような時間を乗り切ったのです。

1週間後には、視察の後、「何か質問は?」と聞かれたら、真っ先に手を挙げて質問するくらい
厚かましくなっていました。それどころか、ヘタな英語でもコミュニケーションをするのが
楽しい、と思うまでになっていました。

もっと話せればもっと楽しかっただろうに…という悔しさが勉強のモチベーションになるとは
よく聞きますが、私も例外ではなく、帰国して間がないうちがチャンスと思い、
TOEICの申し込みをしてしまいました。キャンセルしたらお金が無駄になる!と思えば
モチベーションも続きそう。

ところで、カナダに行く直前に、空港の書店で買った本も、私に勇気をくれました。
関谷英里子さんの『同時通訳者の頭の中』がその本。
英語の効果的な勉強法が書かれていて、とってもためになったんですが、
カナダ滞在中に、最も役立ったのは、次の一節。

I'm sorry. I can't speak English.
I'm sorry. My English is very poor.
この2つのフレーズだけは、絶対に言ってはいけない。

理由は、
相手に、自分と話したくないのか、話すことを避けているのかと思われるから。
ヘタですと、先に言い訳することで、話そうという意欲に自らフタをしてしまうから。
わざわざ言わなくても、一言二言話せば、相手はあなたが流暢に英語を話せないことはわかるから。

確かにそのとおりです。
で、これだけは言わない!と決め、実際、言わずにすごしました。
そして、それは正解でした。
先に言い訳しないことで、私は話さざるを得ない状況に追い込まれました。だから話すことができました。
そうじゃなかったら、ディナーの席でポツンとぼっちだったかも。。。想像するだに恐ろしい。

訥々としゃべる私にイライラせず(してたのかもしれないけど)話を聞いてくれたカナダの方々にとても感謝しています。
また、英語がダメな私を特別視することなくフツーに接してくれた同行の方々にもとっても感謝。

というわけで、初めてのTOEICチャレンジ、隙間時間を見つけては勉強する今日この頃です。


今年の抱負は25個

みなさま 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

短い休みだったので、のんびりと新年を迎えるひまもなく、
仕事ばっかりの日々がスタートしてしまいましたが、
ちゃんとけじめはつけなくては。。
一年の計は元旦にありと言いますしね。

一昨年、先輩女性から、年初には、50でも100でも、できるだけたくさんの
目標を紙に書きなさい、半分くらいしか達成できないだろうけど、10個の半分と100個の半分では
達成できることの数が違うから、とアドバイスを受け、
昨年のお正月から、抱負をできるだけたくさん書くようにしています。

とはいっても、最初は50なんてぜんぜん無理、10個くらいしか書けなかったのですが、
思いつくたびに追加していくうち、どんどん増えていきました。
今年も、数えてみたら25個はあったかな。

抱負というほど立派なものでもないのですが、
こうありたいけどなかなか実践できないちょっとしたこともいちいち
文字にしてみると、案外あるものです。

一部を紹介すると、たとえば
「いつも上機嫌でいる」
「忙しいと言わない、充実していると言う」
とかそんな感じ。

あと、本当にむつかしくてなかなかできないので敢えて書いておくのが
「夫に感謝する」
の項目。
共働き生活を20年続けてきて、イクメンとは真逆の夫には不満ばっかりの日々だったのですが、
あえて「感謝をする」の項目を設けました。
“やってくれないこと”ではなく、“やってくれていること”にフォーカスしなさい、
という自分への戒めです。。

その他、
「英語でインタビューできるようになる!」
といった、無理じゃない?というような項目も、、。

厚切りジェイソンの書いたコラムで、いいこと言うなーと印象に残ったことを思い出したので
ついでに備忘録として書いておきます。

夢を達成できない、という人がよくいるけど、それは夢の設定が間違っているから。
たとえば、「R-1で優勝したい」のような、自分ではコントロールできないことを
夢としてかかげるから、かなえられず、挫折感を味わうのだと。
夢とは、自分次第で達成可能なことを掲げるのである。
たとえば、「コントを週5本書く」「週1回必ず路上ライブをやる」とかなら、
自分がやる気にさえなれば達成できる。

たぶん、そんな内容でした。
これにあやかるのなら、たとえば、
「英語がしゃべれるようになりたい」ではなく
「毎日30分、英語の勉強をする」
「毎日必ず英語ニュースの音読と書き取りをする」
を目標にすれば、達成は可能。

もちろん、この二つは、今年の25項目の抱負の中に入っています。

そんなこんなで、今年も充実した一年にするつもりです。