いしぷろ日記

今日のイラスト:水泳教室

長男と次男を
夏休みの短期集中水泳教室というのに
通わせている。

昔は、たいていの子どもが小学校を卒業する頃には25m泳げるような
指導をしていたかと思うのだが、今はあまり厳しい指導はしないらしい。泳げない子は泳げないまま。

私立中学に行った娘が、一貫教育で小学校から同中学校にあがって来た子は全員バリバリに泳げる、泳げない子は少数派で恥ずかしい、と言ったのをきっかけに、「3日で泳げるようにできる講座はありますか!!」とスポーツクラブに問い合わせたら、ちゃんとあった。

発端となった娘のほうは、もともと運動嫌いなので、すぐにやめたが、息子たちは楽しくて仕方がないらしい。前期だけのつもりが、後期にも参加することにした。

水の中ではねたりくるくる回ったり、ぷかぷか浮いたり…、本当に気持ちよさそう。

水泳教室


ぴっちりしたスイムキャップをかぶった次男。超カワイイ。

スポンサーサイト

今日のイラスト

子どもたちと紙粘土で動物を作った。
粘土遊びは、「ものを観察する」ということに
集中できる楽しい遊びだと思う。
身近にある野菜やくだものでもいいが、子どもに受けるのは
やはり動物。あるいは恐竜とか。
庭にいる犬や、動物、恐竜のフィギアを見ながら形をつくる。
色は、実物にはとらわれず、好きな色を。
アクリル絵の具ならニス塗りもいらなくてラク(最近は安価なものもあるので子どもにも使わせてあげられる)
この夏休みは子どもとこんなことばかりやっている。
楽しい。

粘土遊び

今日のイラスト:砂遊び

世間はお盆休み。
こんな暑い日に外で働かなければならない人は大変。
私は在宅で子どもたちを見ながら働ける。ありがたい。感謝。
近所の子どもたちも、帰省したのか、暑いから部屋にこもっているのか、いつもならにぎやかな公園もひと気がない。
我が家の男の子たちも、家の中で、模型をつくったり、
絵を描いたり、さまざまなごっこ遊びをしている。
お昼にはいっしょに昼食を作ったり、家の中でいても
まあそれなりに、新しい経験ができているようだ。
なにより、いつになく濃厚な家族間コミュニケーションの時間にはなっている。
砂遊び

今日のイラスト_小玉スイカ

イヌの散歩から帰った息子が
「いいもの見つけたよ?」と、
階段をドタドタ上がってくる。
手には小さなスイカ。
畑から、遊歩道まで伸びたツルに実っていたらしい。
いびつな形がカワイイ。さっそく子どもたちとスケッチ。
すいか

今日のイラスト:虫採り

子どもたちの夏休みが始まった。
仕事はあるけれど、子どもたちに、なるべくいろいろな体験をさせてあげたい。
と思いつつ、あまり相手ができていない。
工作をしたり、絵を描いたり、やりたい!と思ったとき、いつでもできるように道具だけはそろえている感じ。
子どもたちも忙しい。
長女は部活とか宿題とか。長男は塾、一番ヒマなのは次男だが、一人で外に出すのはまだ不安な年齢なので、一人遊びをしていることが多い。
自称「オタク」なので、一人遊びは苦にならないらしいが…。

虫採り