いしぷろ日記

男は格闘技?

我が家の男子たちは、狭い部屋の中で、サッカーや野球、戦いごっこをするのが大好き。
とくに戦い系は大好きで、刀、盾や鎧かぶとまで、ダンボールで作って熱中している。
最近、ケーブルテレビでプロレスを見て、それが琴線に触れたらしく、彼らの遊びの新たなメニュにプロレスが加わった。
男の子はみな、本能的に格闘技にハマってしまうものなのか。。
プロレスの覆面は、当然ながらダンボール工作では難しく、
「ママ?、デストロイヤーみたいなマスク作って??」とせがまれる。
うーむ、どうやって作ったものか、、と思いつつ、ためしに古いTシャツの袖を切って、
かぶらせてみると調度いいサイズ。マジックで目鼻口のアタリをつけて、ハサミでジョキジョキ。
おお!りっぱなマスクができたではないか!!
彼らは大喜びで、布団をリングに見立ててプロレス開始。
長女と私は、チビふたりがマスクをかぶった姿に大爆笑。なんちゅー笑える男子たち!!
プロレスごっこ

スポンサーサイト

子どもたちの将来

夕食のときのこと。
「将来何になりたい?」という話になった。
「将来って、ぼくら大人になるまで地球があるかどうかもわからないのに」
と長男。
「そうかな、科学者たちもみんながんばっているじゃない」
「でも、もうだめだよ。北極の氷も解けているし」
「そうそう、白熊たちも生活する場所がなくなっているし」
と次男も悲観的。
「ぼくら、科学者でもないし、何もできないもの」

「じゃあ、あなたたちは、地球人の寿命はもう長くないと思っているんだね。
あなたたちは、近いうちに死ぬとわかっていたら、そのまま死ぬ日を待っている? それとも最後までなんとかしようと努力する? どっちのタイプ?」

子どもたちは無言。

「ママは、最後まで努力するほうだよ。科学者でなくても、砂漠に樹を植えようとしている人がいるのは知っているよね。それから、もし、今使っていない部屋の電気をあなたが、消すとする。同じことを一億人みんながするとどうかな。シャワーの水だって同じ。あなたがもっと少ない水で体を洗うように気をつけたら? 同じことを一億人の人がみんな気をつけたら? だれだって、人類のために何かできるはずじゃないの?」

夕食後、お皿を片付けていたら、長男がやってきて言った。
「ぼくは、大人になったら、社長になる。社長になってお金をいっぱいためたら、社員みんなと山に行って、樹を植えるよ。」

次男も言った。
「ぼくは、科学者になって、温暖化に効く薬を作るよ」
と。

温暖化に効く薬って…なに?…、と思いつつ、ちょっと嬉しかった。

ひさびさ!

あー、ずっと更新していない!!
書くことがない、とか考えず、小さなことでも書くよう心がけねば!!
昨日、あまりに散らかっている仕事部屋をようやく掃除しました。
とにかく、本がたまりにたまって、そこいら中に平積み状態。
もう文庫本は雑誌感覚で、よっぽど読み返したい本でない限り、どんどんブックオフに持っていかねば…。
クローゼットの整理もしたかったのだが、今回は本の整理で力尽きた。
来月にはいったら、少しずつ、キッチンやリビングも掃除せねば。
ああ、年賀状も作らねば…。ま、前向きにがんばろう…。