いしぷろ日記

ここ数日のできごと

お盆休み明けから、立て続けに、という感じで
新しい出会いがあり、楽しい。

前に雑誌の仕事でごいっしょしたSさんの仲介で
出会ったTさん、フリーランスのデザイナーで、
なんと同じ寅年生まれ。
大学生のお子さんと、中1のお子さんあり。

その流れで出会ったフリー編集者のKさんは
0歳児の母。かつて、乳児をかかえて
フリーになりたてだった自分を見るようで応援したくなる。
趣味で仏教レジャーサークルを主宰しているというのが面白い。

現在制作中の単行本のDTPをお願いするデザイナーさんは、
ご夫婦でユニットを組んでおられ、夫さんのほうが
なんとこれも寅年。かつては絵描きを目指していまして、、
というプロフィールが私と同じでびっくり!
奥様はとっても美しい方で、
かなり昔の、資生堂の専属モデルだった人(名前が出てこない…)に
似た感じ。

もうひとつ、S区から市民講座の講師の依頼があり、
これも楽しい仕事になりそう。
最近の市民パワーは本当にすごい!と思う。
ひとに教える、ということはこっちのほうが学ばせていただくことが多く、
時間がゆるす限り、こういう仕事はやっていきたいと思う。

ここしばらく、プリーペーパーや、単行本の制作でばたばたとした毎日だったが、
ようやく収束し、デザイナーさんの手によって制作物が仕上がっていくのを
待つ段階に。
出来上がりの瞬間の次に楽しい段階。

スポンサーサイト

我が家の生き物たち

次男が卵から育てているスズムシ(学研の付録)が成虫になり、朝夕に
きれいな声(音?)を聞かせてくれる。
朝は5時くらいから、夕方も5時くらいから、きっちり鳴き出すのがスゴイ。
昼間は鳴かない。寝ているのか。
スズムシの声が毎日聞けるなんて、なんだか贅沢な気分。。

玄関先には、このスズムシの飼育箱と、カブトムシ、クワガタ虫の
飼育箱がそれぞれあり、
時々次男がふたをあけて、虫とたわむれているので
ぎょぎょっとする。(カブトムシはパッと見、ゴキブリのよう)

前にはカナヘビもいたが、これは飼育環境が悪かったのか死なせてしまった。

一昨年に大量につかまえたザリガニは、共食いなどをへて
今3匹で落ち着いている。
見ていると、ザリガニでもそれぞれに性格があるようで(たとえば何度も脱走を企てるやつとか)、
見ていると飽きない。
知人の家では産卵し、孵化したというが、
うちは卵までは無理そう。

そういえば、金魚もいるが、これは長女が2歳のときに
お祭りの金魚すくいでGETしたもの。
これも最初は何十匹もいたが、淘汰されて、
いまは2匹。この2匹はかれこれ10数年も生きていることになる。

そして、柴犬(ハル)一匹。
犬もアトピーになるらしく、かゆいところをよくかくので
そこだけけがなくなりちょっとかわいそう。
薬をぬって少し良くなってきたが。。
医師から、清潔にするのが一番と言われ、
2週に1回お風呂に入れるようにしたら(前は半年に1回だった)、
シャンプーが悪かったのか、毛がごっそり抜けて、
一回りか二まわり小さく見えるようになってしまった。
かわいそうなハルくん…。
いいシャンプーに変えようと、お店でいろいろ見てみたら、
成分を書いていないものも多い。犬のシャンプーって記載の義務がないのだろうか。

あと、ネコや鳥がいると結構楽しそう。
この狭い家ではもう無理だけど。。

あるデザイナーさんに取材したときのこと

27日、あるキャラクターデザイナーさんの取材。
印象に残った言葉がいくつか。

その1
就職して大変だったことは、
自分がいいと思ったものと、商業的になりたつものは違う、ということ。
が、自分がいいと思って、消費者もいいと思うものとが
合致したときはうれしい。

その2
自分が苦手、と思うこと、コンプレックスを克服するには、
苦手なことを一生懸命にやるよりも、
得意な面を特化させることのほうが、突破口になる。

たとえば、そのデザイナーさんは背景を細かく書くことが苦手で
コンプレックスでもあったのだが、メインの単純化したイラストは
得意だった。それが、後にキャラクターデザイナーとして
成功することにつながったのだ。

前に、林真理子さんが、コピーライターから小説家に転向された当時、
自分は糸井重里氏のような、短いキャッチコピーで勝負するよりも、
長いボディコピーのほうが好きだし得意だった、というようなことを
言っていたのを思い出した。
それと似た話だと思った。

その3
自分が何になりたいのか、どのみちに進めばいいかわからないときは、
小学校三年くらいのときに夢中になったものの中に
そのヒントがある。
パイレーツオブカリビアンの映画を撮った監督も似たようなことを言っていた。
小学校3年、ではなく、9歳のころ、と言っていたが。

自分が小学校3年のとき、夢中になったこととは??
あまり覚えていないが、
中学校のころ、新聞の中の図版をいろいろと切り抜いて、
ノートにはり、面白コメントをつけたりして、
自分なりに編集したページを作って遊んでいた。
友達との交換日記がそれだった。
考えてみれば、それは編集のまねごとのようなものだったかも。