いしぷろ日記

小人の鼻とパンと本と。

 食バンを食べるとき、いつも思い出すおとぎ話がある。

 「世界少年少女児童文学全集」のたぐいに収録されていた「小人の鼻」という短い話で、魔女に魔法にかけられ、醜い小人にされてしまう、ハンスとかそんな名まえの男の子が主人公。

 ハンスは、魔女の家で召使としてこき使われるのだが、その魔女の主食がなんと、空気中にただようホコリでできたパン。

 なぜなら魔女には歯が一本もなく、堅いものが食べられない。だから、魔女が世の中で一番軽いと信じているホコリを集めてパンにするのである。

 子ども心に、そんなもので本当にパンができるんだろうかと本気で心配し、一生懸命その、ホコリでできたパンを想像した。それはきっと半透明の食パン。頭に浮かんだその映像とともに、「小人の鼻」のここのシーンだけがすごく印象に残っている。
 私が子どもの頃、主食にするパンといえば食バンだから、食パンの形が思い浮かんだのだが、本当は、黒パンとかバケットのたぐいだったのかもしれない。

 それはともかく、ハンスとやらは、魔女の家を抜け出しても、その醜い姿のために誰にも相手にされない。ただ、魔女の家で厳しく料理を仕込まれたおかげで、とあるレストランにコックとして雇われる。最初はなんて醜い小人だとうとまれるのだが、めきめきと才能を発揮し、料理長に上り詰める。
 ある日、とっても大事なお客様がレストランに来ることになり、ハンスが今まで作ったこともないような料理を作らなければならなくなった。詳しくは覚えていないが、できなければ首をはねられるとか、かなり切羽詰まった状況に追い込まれる。その料理には、ある香草が必要で、それを見つけること自体が最大の難関。ガチョウだかアヒルだかの力も借りて、なんとか香草を見つけ、くんくんとその匂いを嗅いだとたん、魔法が解けて、ハンスはりっぱな若者にもどった、という話だったと記憶している。
 なかなか不気味で、でもわくわくする話だった。挿し絵がほとんどなく、ちっちゃい文字がびっしり並んでいる本だったが、どきどきわくわくして読んだことを覚えている。

 今の子は、うちの子もそうだが本を読むことがほとんどないのではないだろうか。
 アニメやゲームのほうが楽しいんだろうね。でも、私は、ひたすら文字を追いながら、頭の中でお話の状況をあれこれ想像するのが好きで、今でも休日の最大の楽しみは、読書だ。何にもすることがなくても、だらだらTVを観るくらいなら絶対本を読む。目に入ってくる情報は、文字だけなのだが、頭の中はすっごい妄想でパンパンになっている。
 本を読まなくなったら、この能力は絶対に衰えるんではないだろうか。
 映画も大好きだが、読書の楽しさは全く別物として、絶対になくてはならないものだと思う。

 何度も書いたことだが、私は子どもたちに毎晩読み聞かせをしてきた。
 絵本だけでなく、文字ばっかりのお話を読むこともあった。
そのとき子どもたちの目はランランと天井の一点を見つめていて、彼らなりに必死で創造力を働かせて、耳から入ってくるお話の世界を思い浮かべているのが伝わってきたものだ。
 
 彼らにとって、それが読書の楽しみの原点であって欲しいと思うが、3人のうち、本の虫と言っていいほどの本好きは長女のみである。

スポンサーサイト

中学生の息子がHサイトを見てはいけないのか

今日は中学校のPTAで、保護者と教師の意見交換会というのに行ってきた。
その内容は、あまりにもばかばかしくて、どうしようもなく脱力してしまった。
もう完敗って感じ。

最初に言っておくが、
私はこの中学校の建学の精神、教育方針、熱血の教師陣のことが大好きだ。
だからあんまり悪いことは言いたくない。しかし、である。

意見交換会のテーマその1は、子どもたちにいかに勉強させるかであった。
我が子は勉強しない、ノートがきたない、模試の勉強をきちんとしない、
などなど、親たちの心配ごとが一通りあげられ、
できる子のノートとはどんなものか見てみたい、だの、
できる子とできない子の違いは何か、だのどんな勉強をさせたらいいのか、
だの、親たちからの質問に教師が答える形になった。

みんな、根本的な問題をわかっているんやろか、と思った。
子どもだってバカではない。どんな勉強法をすれば、点数が取れるか
くらいわかっているし、自分のノートができる奴のそれに比べてどこがどう劣っているか
くらい言われなくてもわかっているのだ。

ただ、わかっていても勉強したくない。それだけなのだ。

なぜか。目標がないからだ。
もし、クラスや学年で○番以内に入りたい、とか、
将来は○○になりたいから、この勉強は辛くてもやらないといけない、
とかわかっていれば、どんなバカな子だってやるって。
大事なのは、子どもが目標を見いだせるように支援することだ。
そこのところ考えずに、どうやったらうちの子は勉強するんでしょう、
とか悲壮な顔をしてオロオロしている母たちってどうなんだろう。

相手はもう中学生ですよ。
そんなのほったらかして、エクササイズやら、社会貢献やら、仕事に励んだほうが
どれだけいいかわかりゃしない。
子どもには、母の熱血な生きざまを見せろだ、と私は思う。

本日のテーマその2は、子どもとケータイやゲーム、ネットとの
付き合い方、である。
これもなんかいい加減にしろよ、というばかばかしい内容だった。

確かにネットは安易に使ってはいけませんよ。
でも、一体、何がそんなに怖いんですか? ネットはとんでもない
テロリストなんでしょうか?

セキュリティは万全にするとか、個人情報を公開しない、とか
誹謗中傷はしないとか、最低限のモラルだけは確認したら、あとは
子どもを信頼して好きにさせるしかないんじゃないだろうか。

ヘンなサイトを見ないようにフィルタリングをかける、まではまあいいとして、
ネットの閲覧履歴とか、メールの履歴は親として当然チェックすべき、とか
なんか恐ろしい意見が多数派の意見として通っているのにムカムカしてしまった。

うちは、家族5人に一人一台パソコン、無線LAN環境。
各自、自分の部屋で自由にネットにアクセスしているけど、
私は履歴なんて見やしませんよ。
リビングで親のいる前でしかネットを使わせない、というご家庭
からすると、とんでもない家庭だ。

しかし、、

中2でHサイトみてはいけませんか?
いいじゃん、中2の男子で興味ない、というほうが気持ち悪い。
好きなだけ見させたらさっさと卒業するって。
家でフィルタリングかけたら、外で見るだけだよ。

子どもたちがネットで仕入れたネタを教えてもらうってのも
なかなか面白いもんですよ。

みんな、自分の子がネットでとんでもない悪いことをするんではないかと
疑心暗鬼になっているんだね。(あるいはとんでもない事件に巻き込まれるとか)
何でそんなに自分の子が信頼できないの?

うちで、そんなことを言うと
「ママ、私らがそんなバカだと思ってるの?」と鼻で笑われる。絶対。

うちの子たちは決して勉強のできる子ではないと思うが、
ウチは日頃から食卓で、ニュースなどを見て、それについてどう思うか、
なぜこんな事件が起こったのか、自分だったらどうしたか、
といったことを結構熱く議論する家庭だ。
そういう日々の中で、人間としてやっていいいこと、いけないことはしっかり
伝えてきていると思う。
だから、とんでもない間違いはしないと子どもたちを信じている。

それでもなんかバカなことをしたら、それは本当にアホな子なんだろうけど、
自己責任でなんとかしてもらうしかない。

そんなことを言っているから、ウチの中2の坊主は万年赤点野郎なんだろう。
でも、彼はそのまんまでは終わらないと信じている。
勉強が嫌いならそれでいい。別のことで絶対大成してくれると信じている。
そうはいかなくてニートになったとしても面倒は見ないし。

言っておくが、子どもはとてもカワイイのだ。
突き放すほうが苦しいんですよ。
でも、突き放さないといけない。

勉強しようがしまいが、私の知ったことじゃない、と
言いきれる母でいたいと思っている。



高田馬場でかた焼きそばを食べた

昨日は新宿区のライター講座があった。
講座修了後、次の仕事は夜だったから、生徒さんたちとお昼を食べに行った。
ちょっとあやしげな古いビルの地下においしい中華料理屋があるというのだ。

入ってみると、ビルの外観からは想像できないような、ちょっと高級感のあるお店。
でもランチメニューはリーズナブルだし、料理はどれも大盛り!!
ランチセットは量的に厳しそうなので、かた焼きそばを注文。
この店の自慢は薄皮パリパリの餃子とのことなので、一皿とって、みんなでわけた。

食事のあともたっぷり1時間はしゃべっただろうか。
生徒さんたち一人ひとりとあまりゆっくり話す機会がないので、
なかなか楽しい時間だった。

Mさんが深窓の令嬢だった話はなかなか面白かった。
今でも男尊女卑の風潮が残る九州に育ったMさんは、
女子であるために勉強することがゆるされず、
ひたすらいいお嫁さんになるために教育されたらしい。
お見合い回数は50数回にもおよんだが、
そこで、最もMさんの花婿探しに血道をあげていた祖母が病に倒れる。
Mさんはその看病に忙しく、人生で一番輝かしい娘時代の10年を失ってしまった!とのこと。
Mさんの、どことなく浮世離れした不思議キャラは、
こういう育ちのゆえんなのか、と納得。

Hさんは生まれも育ちも新宿区で、子どもの頃、
戸山公園で遊んでいたら、人骨を拾った、とのこと。
そのあたりは、あまり公言されていないが、戦時中、人体実験の施設が
あったのだとか。。。
それで、江戸川乱歩の「怪人二十面相」の舞台にもなったとか。
ホントですか!!!

大久保は今はアジアンな街だけど、ちょっと前までは、すっごいお屋敷街だったとか。

昔の新宿の話は、「へえ?!!」というエピソードにことかかない。

こういう無駄話って面白い。
今まで、要件のない話って無駄、とずーっと思っていて、
ママ友とのお茶会とか苦手だったんだけど、
最近になって、「無用の用」というものの大事さを思うようになってきた。
ほんと、人間ほど面白いものはない。

「アグリベティ」ではウィルミナが一番好き

「24」やら「LOST」やら、海外ドラマは相変わらず人気。

私が好きなのは「アグリベティ」。
ようやくシーズン3がレンタルされるようになって、
仕事のない週末には借りてきている。
これは子どもたちもいっしょに楽しめるのがいい。

一番好きなのはウィルミナ。
「私、性格は悪いけど欲望はシンプルなの」
という言葉どおり、
「MODE」というファッション誌の編集長の座を守るためには
どんな汚いこともする人なのだが、
次々とまあよく思いつくもんだ、というほどの
悪だくみの数々が笑える。
ゲイのマークや、
人をいじめるのが趣味のようなアマンダなど、
脇役のキャラが立っていているのも面白い。

しかも、泥棒にも三分の理というように、
彼ら悪役も単純に100%ワルではなく、
いい面があったり、弱みがあったり、可哀そうな一面があったりと
愛すべきキャラになっているのがいい。

主役のベティのいいこちゃんぶりのほうが嫌みなくらいだ。

ベティのお父さんがときどき人間の真理をついているような
シブイいいことを言うのもいいなあ。

これを見ていると、仕事で嫌な人がいてもなんかがんばって働こう、
という気にもなってくる。





櫻井秀勲先生の作家養成講座に行ってきた

2カ月に一度の櫻井秀勲先生の作家養成講座に行ってきた。
なんで2カ月に一度なんだろう。もっとあればいいのに!!
楽しかった!!!

櫻井先生の講座は、無用の用というのか、
なんとはない雑談が非常に面白いのだ。

近頃、仕事の場ではコストパフォーマンスがどうとか、
メリットは何かとか、そんなことばかり重視されているけど、
一見無駄なことも大事だ!と声を大にしていいたい!

ビジネス向けのセミナーだと、精神論ではなくノウハウを、とか、
ポイントはこれとこれ、とはっきり出せとか(書籍の編集でもそう)
とにかく即効性、利益重視なんだけど
そういうことばかりだと心がぎすぎすしてしまう。

で、櫻井先生の講座は、
毎回ちゃんとテーマがあって、それも押さえることは押さえるのだが、
三島由紀夫はいつも10分前主義でね、とか、
川端康成は一字一字とても丁寧にきれいな字を書いてね、とか
そんなふうにすぐ話が横にそれてしまう。

しかし、すごくないですか? そういう大作家さんたちを
リアルタイムで知っている元編集者=櫻井先生って。

だから、この2カ月に一度の講座はとても楽しみな日。
メンバーの方々も末長く励まし合い、作家修業をしていけそうな
好感度の高い人たちだ。

次回のためにせいぜい独学で文章修業をしておこう!

ある主婦のこと、そして韓国料理はなぜ太らないか

1年くらいこのブログを読んでくださっているという方からメールがきて、
ここしばらくメールのやりとりが続いている。

思いたって、今手元にあり、ほぼ書き上がっているのに未だ日の目を見ない本の原稿を
送り、感想を聞かせてくださいとメールをした。
なぜなら彼女はちょうど想定している読者対象(30代、育児中の女性)ど真ん中だったので。

すぐに、
どこが面白いか、どこがつまらないか、こういう視点があればいいというようなことを
非常に的確に書いたメールをいただいた。
文章力といい、評価眼といい、
彼女、かなり知的な方だとお見受けした。

「専業主婦」とひとくくりにされる女性の中にはしばしば
かなり能力の高い人がいるものだ。

昨日は、ライター講座の生徒さんだった人を、
編集アルバイトを募集しているとある会社に紹介し、
面接に同行した。
実は、彼女のことを、幼稚園児がいる専業主婦というくらいしか知らなかったのだけど、
企業に勤めた経験もあるし、懸賞論文で入選していたり、女性誌のモニターに応募して
200数十名の中から選ばれてモニターになっていたり、と結構すごいのだ。
英語も短大時代にしっかり身につけているというし。。

その彼女、趣味も多彩で、ひとつ面白いネタをいただいた。

韓国料理を食べてやせる、という話。
韓国料理を食べるには順番があるらしい。
まず、キムチ、次にスープ、焼肉、これが太らない食べ方。
最初にキムチを食べることで身体の代謝をよくするのだ。
これでたっぷり焼肉を食べて、翌朝体重を測ったら、800gくらい減っているんだとか。

うーむ、
学校のPTAで知り合うママ友もそうだけど、
専業主婦たちから学ぶことは多いのだ。

新宿の韓国屋台風居酒屋で飲んできた

先日、S区のプロジェクトのメンバーたちと、
冊子完成の打ち上げに行ってきた。
このメンバーは、ライター講座の修了生たち。
学んだことを即活かすべく、冊子作りのプロジェクトに参加していただきました。
こういう市民参加型の事業がS区にはたくさんあって、区民たちはとってもパワフル!!

さて、行ったのは韓国料理屋。
店長は、韓国人の若いお姉さん。とっても明るくて、彼女に会うためにまた来たい!
という感じの楽しいお店でした。

サンゲントン、というのが名物らしく、何度も「サンゲントン」という言葉が
出るので、それは何のこと?と聞くと、「三段バラのこと」と店員さん。
え?三段腹?と日本人なら普通思うよね、、でも三段バラ肉だった。
キムチとあえて、サンチュに巻いて食べるとうまい!

この日私は、はじめて生マッコリを飲みました。
今はあまり見ない、金色のアルミのヤカンに入って出てきて、
それを、大昔の給食のときに使ったアルミのお椀みたいので
飲むのです。(お店のコンセプトが70年代の屋台風ってことだから?)

うーまーい!!全然酔わないし(飲むと暴れるので)、ビールと違って、
お腹がふくれてご飯が入らないってこともないし!!
たっぷり食べて飲んだのにすごく安くてびっくりした!!!
お店の名まえはトンネオです!!おススメ!

メンバーの人たちとあんまりじっくり話したことがなかったので、
とっても楽しかった!
ダジャレ王、N氏のまじめな一面をカイマ見たり、
最年少のKちゃんが小説家志望ってことをカミングアウトしたり、
小学生ママのHさんが実は嵐のファンだったり、
Tさんはドラマフリークだったり、
色々発見がありました。

帰りにN氏から、サプライズなプレゼントをもらいました!!
なんと、花びら一枚一枚が違う色になっているバラなんです!!
花屋さんにも、「うまく咲くかどうかわからない」と
言われていたものをつぼみのうちから注文してくださってたとか。
その心遣いに感動!!!


乃木坂で飲んできた

今日は久々の飲み会。
乃木坂のとあるラーメン屋の二階に、え、こんな小汚いビルに?というような
なかなかいい飲み屋さんがあるんです。そこでたらふく飲みました。。

思えば、この十数年、がんばって母親業をしてきた。
夜遊びもせず、仕事も17時以降は受けず…。

働く母の先輩が言ってたっけ。
子どもが小さいうちは、子どものために早く帰らねば!!と焦る毎日だけど
そのうち、あれ?子どものほうが帰りが遅いぞ!?という日が来るって。

うちも気がつけばそうなっていました。
高校生や中学生は部活や塾で、帰宅が8時9時。
必死で帰宅してご飯を作っていた日が懐かしいくらい。

しかしまだ一番下に小学生がいるから夜遊び解禁!というわけにはいかないけど。

これから仕事も自分の時間もようやく楽しめるんだろうか。
寂しいような嬉しいような。。。

明日も飲み会だ?
原稿も書かないといけないのに!!!