いしぷろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日感動した映画、絵本

午前十時の映画祭?何度見てもすごい50本
というのをやっていると聞いて、昨日、日比谷に「フォロー・ミー」を観に行った。
1973年の作品なので、映像表現も凝っていないし、派手なドンパチもないのだけど
しみじみ感動した。ああ、見てよかった??とい気持ちに包まれた。
こういう作品に触れると、創作意欲がわいてくる。

午後から恵比寿で打ち合わせ。

夕方、子どもの空手の送迎。
待ち時間に書店に立ち寄り、絵本を立ち読み。ここでも感動。
絵本の真の価値を理解できるのは、中年以降の人間の特権ではないか。
子どもの頃に読んでもきっと面白い絵本は面白いのだが、
それは、ワクワクドキドキの冒険ストーリーを楽しんでいるのに過ぎなくて、
大人になると、その背後の、人生の悲哀、栄枯盛衰、数奇な運命、
を知らず知らずに自分の人生になぞらえながら読んでいる。
恥ずかしすぎる若気の至り、過去の栄光、あのときこう言えばよかったという後悔の数々が
蘇ってきて、胸に迫るものがある。
立ち読みだけのつもりが、2冊買ってしまった。
一つは酒井駒子の「ビロードのうさぎ」。これは長女がこの作家のファンだから。
もちろん内容もすばらしい。
もう一つは、
藤城清治の「ぶどう酒ビンのふしぎな旅」。
これは、アンデルセン原作、挿絵は影絵作家として著名な藤城清治氏の渾身の作。
何度も繰り返し読みたい。

こういう作品にふれると、また創作意欲が刺激されるのである。。。

スポンサーサイト

近況まとめて

年明けから取材やら打ち合わせで忙しくすごしましたが、
あいまに、懐かしい人たちとランチしたりして旧交をあたためました。

YさんとHさんとは、渋谷でランチをしつつ、
新しい本の構想を練り、

Wさんとは、中学受験&PTAの話でもりあがりつつ、
仕事の情報交換もし、おおいに刺激になりました。
Wさんは知性と教養にあふれていて、いちいちスゴイなあと感心してしまう。

昨日は、シナリオ学校の第2回目に行ってきました。
55名のメンバーの自己紹介で2時間が終わったのだけど、
性別も、年齢層も、職業も動機も全く違う人たち。
しかも、シナリオを書こうなんていう人はみな変わっているので
すっごく面白かった。

好きになってはいけない人ができて、この気持ちをなんとかしないことには
仕事が手に付かない、となると生活できない、だからシナリオを勉強して
この気持ちをシナリオにしたい、
という動機は一番笑えた。といっては失礼かもしれないけれど、
そういう超個人的なことが動機で、しかもそれをみんなの前で
発表しちゃえるところがすごいと思った。

大きなけがをして代替え医療に励んでいたら、前世やらいろんなものが
見えるようになってしまって、その、見えてしまうものを書きたい、という人もいて、
それも面白い、と思った。

真面目にシナリオをやりたいんです!!っていう人のほうが少ないくらいで、
案外、こういう不純(?)動機でやってきた人のなかから抜きんでる人が出てくるのかも、
と興味深い。

さて、自分のことだか、
仕事の合間に、1枚で2枚でも、とにかく毎日書こうと思っている。
書き始めると、次々と書きたいことがわいてきて、
これ、生きているうちに全部書けるのか!?と思ってしまう。
が、まずいのは、いろんな話が浮かんでくるのだが、一つとして完結できないこと。
完結しないうちに、次の話が浮かんできて、忘れないように書いておこう、と
書き始めると、また次の話が浮かんできて、、の繰り返し。

まずは一本、完結させたい。

もちろん、他の人の作品もガツガツ読んでいるが、
今までのように読書をただ楽しむのではなく、「ほう、こう書くか、こう展開するか、、」
という読み方に変わっているのに気づく。
で、「すごいなあ、プロの作家はやっぱ別世界の人だわ?」と思うと
どーんと落ち込んで、しばし書く気が失せる。

こんな毎日を繰り返している。

ってところで、そろそろ打ち合わせに出かけねば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。