いしぷろ日記

心にぽっかり穴があく…

先週末、娘の引っ越しが完了。

娘の新居は、京都でも北のはずれ。

スーパーでもコンビニでも激戦状態の東京とは違って、最寄りのスーパーまで
徒歩20分くらいかかるので、新居に着いて一番にしたことは自転車を買うこと。

その後、スーパーによって、必要なものを買って、半分は自転車に載せて
娘が自転車をこいで帰ったが、もう半分は私が、手にもって徒歩で運んだ。

あまりの重さ、あまりの距離にときどき死にそうになりながらたどり着いた。

体力があってよかったーと思うのはこういうとき。

引っ越しの荷物は少ないので、すぐにあらかた片付いたのだが、
あとは本棚を買わないことには片付かない。
ところがその本棚も、近所には家具やがないので買えない。
あったとしても車がないので運べない。
で、後日通販ででも買いなさい、ということになった。

娘のところには1泊して帰った。
涙の別れも嫌だし、
毎日電話したり、ときどき訪ねたり、というようなことはしたくない。
18にもなった子どもとはさらっと別れて、親子というより一人の大人として付き合いたい。

が、しばらくは娘のいない生活になれるのに時間がかかりそう。

仕事の帰り、駅ナカとかで大福もちやらケーキやらを見かけると、「おいしそ!買っていこうかな」
なんて思うのだけど、次の瞬間、「あ、そうか娘はもういないんだ」と思ってしまう。
まだ息子二人が家にいるけど、いっしょに甘いものを食べるのはやっぱ娘だよね。。

夕食のおかずやみそ汁をついつい一人分多めに作って余らせてしまう。

これまでも、娘は部屋にこもっていることが多くて、いてもいなくてもわからない、
というのはあったのだが、本当にいない、というのはちょっとわけが違う。

食事時、あんまりしゃべらない娘が、新聞記事やらかけっぱなしのTVに反応して、いきなり堰を切ったように話し始めるときがあるんだけど、それがたいてい、超ディープなアニメネタ(娘はアニオタ)だったりするので、
正直、聞いてもよくわかんなくて、ふーん、へー、と生返事をして真剣に聞かなかった。
あー、もっとちゃんと聞いてあげればよかったなーと今さらになって思う。

スポンサーサイト

娘がいよいよ引っ越し

今日、引っ越しのトラックが来て、4月から京都の大学に行く娘の荷物を運び出した。
「単身パック」というのがあって、超おやすく頼めた。机といす、段ボール5個、折りたたみベッド、程度のものしか入らないけど、、。

娘の引っ越しは明後日。

娘は京都のことをよく知らないうえに、まず不動産屋に寄って、鍵をもらってから下宿へ行って、と、初日からハードルが高いので、私もついていくことにした。

京都は東京みたいに電車でどこでも行けるわけでなく、バスを使うことが多いんだが、うっかり間違って乗って、ヘンなところにつれて行かれても不安だし、、。

あと、下宿の近辺は京都のはずれでお店が少ない。日々の買い物にも不便だろうから、まずは自転車を買わせなければ。。。が、その自転車屋だってどこにあるのやら、、とか考えていると、過保護とは思いつつ、ついていくほうがいいのかな、、と。

今日はもう一つ、ちょっとした事件があった。

息子の高校の入学説明会に行ったんだけど、息子は何を思ったか、一昨日くらいに髪を茶パツにしてしまって、今日、しっかり生徒指導の先生に目をつけられてしまった。

ひととおり、先生方のお話が終わったあと、「なお、次に読み上げる受験番号の生徒は残ってください」とアナウンスがあり、我が息子の番号も呼ばれたのだ。全部で6名ほどがよばれてぞろぞろ集まったのだが、この6人の共通点はひとつ! 髪がチャ色いってこと。あ~、きた~、と思ったが後の祭りでした。

別室に呼ばれて、「学校はオシャレをする必要のないところです。髪はいじらないように。染めないように。……」とお話が続いたのですが、「いいじゃん、おしゃれくらいしたって、、いいじゃん、髪いじったって、、」と思っていたら可笑しくなってきて、笑っちゃいかん、と思えば思うほど笑えてきて、必死で笑いをかみ殺していたんだけど、後で息子が言うには、「かーさん、めちゃ睨まれてたで」と。母親まで目をつけられてしまいました。ああ、、。

なんか学校のこの生真面目さがどうも笑えてしまう。。