いしぷろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ連載「20年フリーライターやってます」第22回_人生これすべてネタなり

 子どもの学校の新学期が近づくと、多くの母親は恐怖にさいなまれるんじゃないでしょうか。
 最初の保護者会で、うっかりPTA役員の当たりくじを引いてしまうのでは、という恐怖です。
 平日のまっ昼間に何度も会議に駆り出されたり、行事のたびに手伝いをさせられたり。仕事と家庭の両立だけでも大変なのになんでPTAまで!?と毒づきたくもなります。

 私は、小学校では合計3回PTA会長をやりました。当たりくじを引いてしまったのです。でも、会長になったのは自分の意志です。くじで役員になりましたが、役職は役員の中からの互選で決まります。どうせやるなら、副会長とか書記じゃイヤ。会長じゃなきゃ! だって目立つもん! そんなノリで引き受けた会長職。
 もちろん大変でしたが、人生これすべてネタなり、が私の信条。
 どうせ当たってしまったのなら、なにかに活かそう、そうだ、この機会にあのトラウマを克服しよう!と考えました。

 あのトラウマとは……。

 数年前に本を出したことがあります。その本を読んだという方から(あんなマイナーな本、よく見つけてくれたものです…)、講演の依頼が来ました。持ち時間は90分。初めての体験です。90分も何を話したらいいんだろう…。悩みましたが、本に書いた内容や、書ききれなかった内容とかを適当にしゃべったらいいか…くらいに軽く考えて、あまり準備もせずに臨みました。その結果、45分くらい話したところで完全にネタ切れ。何もしゃべることがないまま茫然と立ち尽くしたのでありました!! 恐ろしすぎる! 思い出したくもない経験です。この先私は二度と人前で話す仕事を受けることはないだろうと決意し、苦い経験にフタをして何年もが経っていました。

 しかし、PTA会長になると、やたらいろいろなところで、しかも何百人もの人を前に挨拶をしなければなりません。これをビビらずにこなせるようになろう。そうすれば、トラウマを克服できる! 

 で、たとえ小さな会議であっても、挨拶がある場合は必ず話すことを考え、暗記し、鏡の前で練習をすることにしました。たかがPTAなのにあほらしいと思われるかもしれませんが、私は必死でした。
 しっかり準備をすれば失敗をしなくなります。成功体験が人を成長させるというのはそのとおりで、「今日はうまくできた」という回数が増えるにつれ、挨拶が怖いどころか楽しみに思うようになりました。

 その頃から、講演や講師の仕事も来るようになりました。PTA会長の経験がなければ、あのトラウマが邪魔して引き受けられなかったのではと思います。そう考えると不思議なタイミングですよね。今でも年20回くらいはどこかしらでしゃべっているのではないでしょうか。トラウマも克服でき、今ではどんな場で話をしろと言われてもビビらないでできるという確信があります。

 もちろん準備をしっかりすることが前提です。

 用意は周到に、本番は大胆に、です。
 
 いろいろな場で話をして、もう一つ学んだことがあります。
 それは「自信なさそうな人は叩かれる」ということ。

 最初は、「私など、人さまの前で話すほどの人間ではないし、話も下手だし……」と思っていたり、実際にそういうことを口に出したりしていました。それって今ならわかりますが、仏教でいう卑下慢以外の何物でもありません。「私ってこんなに謙虚ですごいでしょ」という慢心であり、「だから失敗しても許してね」という言い訳であり。

 聴衆の方たちも、それを感じ取るのでしょう、自信なさそうに話したときは、必ず意地悪な質問をされたり、アンケートで酷評されたりしました。
 でも、「これからの2時間、絶対に無駄だったと思わせないだけの話をするからしっかりついてきてね!!」と強気にスタートすると、同じ内容を話したにもかかわらず、酷評どころか大好評をいただけるのです。

 PTA会長のときもそうで、1年目「私みたいなものが会長になりまして…」という態度のときは敵も多く、いじめられもしました。胃を悪くして死んじゃうかも…と思うほど悩んだ末、2年目からは強気の会長でいくことにしました。すると、だれにもいじめられなかったばかりか、多くの人たちに応援され、助けていただけたのです。
 
 どんな面倒なことがふりかかっても、「これをネタにしてやる!」と思って取り組めば、必ずや見返りがあります。
 これを成長の機会にしよう、くらいに思って、真正面からぶつかると、案外楽しく乗り越えられるかも!

スポンサーサイト

つれづれ連載「フリーライター20年やっています」第21回~キャリアプランの話

 フリーランスだと会社員の方に比べて、キャリアアップを意識することは少ないと思います。昇進・昇給も、社員研修もありませんしね。だからこそ、フリーランスは、自分で自分を育てる方法を持たなければなりません。
 もちろん、日々の仕事を誠実にこなすことが、一番のスキルアップになりますが、時々は研修を受けたり、仕事が少ないきに集中的に勉強して資格を取ったりして、少しでも自分を高く売れるよう努めておくことだと思います。
 
 キャリアプランを考えるときに、たとえば3年後にはこうなっていたいというビジョンを描き、そこから逆算して今何をすべきか考えるというアプローチがありますよね。それはまったく正しいと思いますし、私も以前はそっち派でした。
 が、今は違います。
 じゃあ何派なわけ? というと……

 その時々でできることを精一杯やっていった結果、振り向いたら一本の太い道ができていた、というような「気づいたらなっちゃってた派」。

 こう考えるようになったのは、子育て経験が大きいと思います。女性は男性に比べると、結婚や出産で人生が翻弄されやすい。夫の転勤で仕事を辞めなければならなくなったり、一人目を出産して、ようやく育休が明けて復帰したら二人目ができてしまったり、うっかりくじに当たってPTAの役員になってしまったり、親の介護が始まったり。晩婚晩産時代ですから、子育てと介護がダブルで訪れるケースも増えるでしょう。
 もちろん男性も手助けしてくれると期待していますが、女性の負担が大きくなるのは紛れもない事実。

 そんなわけで、将来の計画なんて立てられないのが女性の人生なのです。

 予想外のことが起こったとき、「計画を立てて人生を歩む派」だったらすごくストレスがたまるし、自分の運命を恨むことにもなりそうです。

 わたしは長い仕事と家庭の両立生活を通して、「なるべくストレスをためない生き方」を模索してきました。たとえば、朝のうちに夜ご飯も作ってしまうのも、家に帰ってからばたばたごはんを作るストレスを避けるため。

 キャリアプランも、予想外のことが起こるたびに、絶望するのが嫌だったから、「計画を立てて人生を歩む派」改め、「気づいたらなっちゃってた派」に切り替えたのです。

 後に、キャリアカウンセリングについて勉強したときに(これはがんばって資格を取得しました)、テキストの中に「気づいたらなっちゃってた派」と似た理論を見つけました。

 それは、L・サニー・ハンセンの「キルト(パッチワーク)理論」と呼ばれるもので、人は、仕事・学習・余暇・家庭と子育てという4つの役割を、あたかも小さなキルトのようにバランスよく一つひとつ縫い合わせていくことで、意味のある全体像(人生)を縫い上げることができる、というような意味。

 いきなり大きなキルトはできないし、4つのバランスが偏っていては美しいキルトはできない。その日その日、こつこつと、一枚一枚を大切にバランスよく縫い合わせること。それが気づいたら大きな成果につながっている。

 まさに、わが意を得たり。成り行き人生も悪くないと太鼓判を押していただいたような気がしました。

 とはいえ、どんな全体像にしたいかというイメージは持っていたほうがいいと思います。
 計画どおりにはいかなくてもです。
 そのほうが、今やるべきことの優先順位をつけたり、取捨選択するのが簡単になります。
 大事な時間を無駄にしないためにも必要なことだと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。