いしぷろ日記

絶対に受けたくないと思っていたTOEICを受験すると決意した理由

TOEICを受験することにしました。
TOEICだけは嫌だわ~と思っていたのですが。

試験時間が、2時間近くかかるとか聞くし、スコアが低いと凹むだろうし、
英語が話せるようになりたいとは思うけど、スコアなんて別にどうでもいいし、
とにかく面倒くさい、というのが、今まで「TOEICを受けたくない」と思っていた理由。

でも、英語って、話せるようになるまでにとてつもなく長い時間がかかる。
進歩しているのかどうか、実感しづらい。
途中でくじけないために、なにか目標を持ったほうがいいのではないか、と思ったのです。

その前に、なぜ、そこまで英語にこだわるようになったか、なのですが、
昨年あたりから、相次いで、海外出張が続いたことが大きい。

とくに、先月のカナダ行で、私の英語力、なんとかせねば!と強く思ったのでした。
それまでは、現地に日本語が話せる方がいてその方がアテンドしてくださったので、
英語が話せなくても特に不便を感じなかったのだけど、
先月のカナダはそうはいきませんでした。

出張の内容は、一種のプレスツアーのようなもので、カナダのある州内の学校を視察して回ったのですが、
日本人を含む8人ほどのメンバーの中に英語ができないのは、私だけ!

視察では、行く先々で、現地の教育関係者たちからディナーに招待され、
英語で談笑し、交流を深めなければならないという最大のピンチ。
日によっては夕食だけでなく、昼食、ときには朝食まで(パワーランチ、パワーブレックファストというやつです)
つたない英語で話をせざるを得ない環境に。それが1週間も続いたのです。
私の当惑ぶりが想像いただけるでしょうか。。

ある日のパワーブレックファストで、いきなり自己紹介を、と言われた時は
声が震えるかも、感極まって声が出ないかもと、心臓はバクバク、テーブルの下では足がガクガク。

しかし、私はなんとかやり遂げました…。

実は、ひそかにオンライン英会話を受講していた私、This is a pen.のレベルからスタートしなくてすんだのは
不幸中の幸いでした。
オンライン英会話でフィリピン人の先生とフリートークをしているだけじゃ、絶対に英語なんて話せるようにならないと、
英語のできる知人らに揶揄されつつも続けてよかった! 

私のあまりのヘタな英語に、相手は一瞬「えっ」という顔をしますが、それにひるまず話し続ける!
英語のできる人たちで話が弾んでいて、自分だけポツン、と一人になっていても凹まず、スキをみて会話に割り込む! 
この2つをキモに命じ、私なりに、その悪夢のような時間を乗り切ったのです。

1週間後には、視察の後、「何か質問は?」と聞かれたら、真っ先に手を挙げて質問するくらい
厚かましくなっていました。それどころか、ヘタな英語でもコミュニケーションをするのが
楽しい、と思うまでになっていました。

もっと話せればもっと楽しかっただろうに…という悔しさが勉強のモチベーションになるとは
よく聞きますが、私も例外ではなく、帰国して間がないうちがチャンスと思い、
TOEICの申し込みをしてしまいました。キャンセルしたらお金が無駄になる!と思えば
モチベーションも続きそう。

ところで、カナダに行く直前に、空港の書店で買った本も、私に勇気をくれました。
関谷英里子さんの『同時通訳者の頭の中』がその本。
英語の効果的な勉強法が書かれていて、とってもためになったんですが、
カナダ滞在中に、最も役立ったのは、次の一節。

I'm sorry. I can't speak English.
I'm sorry. My English is very poor.
この2つのフレーズだけは、絶対に言ってはいけない。

理由は、
相手に、自分と話したくないのか、話すことを避けているのかと思われるから。
ヘタですと、先に言い訳することで、話そうという意欲に自らフタをしてしまうから。
わざわざ言わなくても、一言二言話せば、相手はあなたが流暢に英語を話せないことはわかるから。

確かにそのとおりです。
で、これだけは言わない!と決め、実際、言わずにすごしました。
そして、それは正解でした。
先に言い訳しないことで、私は話さざるを得ない状況に追い込まれました。だから話すことができました。
そうじゃなかったら、ディナーの席でポツンとぼっちだったかも。。。想像するだに恐ろしい。

訥々としゃべる私にイライラせず(してたのかもしれないけど)話を聞いてくれたカナダの方々にとても感謝しています。
また、英語がダメな私を特別視することなくフツーに接してくれた同行の方々にもとっても感謝。

というわけで、初めてのTOEICチャレンジ、隙間時間を見つけては勉強する今日この頃です。


スポンサーサイト