いしぷろ日記

PTA、委員決めのいつもの光景

昨日は、新学年が始まって最初の授業参観&保護者会でした。
もう6年生だから、本部役員があたることはないので、
クラス委員決めは簡単に終わると思っていたのですが……。

今回もデジャ・ビュといいますか、
だあれもやりたくないオーラで教室は固まっておりました。
2人のクラス委員と、1人の専門委員と、3人の卒対委員が決まらない。。。

「こうなると、申し訳ないですが、今まで一度も委員をやったことのない方から選んでいただくことになりますが……」
と若い担任教師が言う。

やっぱり教室はシーンとしたまま。
「委員をやったことがない方……」
だあれも手をあげない。
「では、委員をやったことがある方……」
こうなると犯人探しのようだ。
しかし、6年になるまで何の委員もやったことのない人っているのかな。
と思ったら、手を挙げない人が二人いた。

一人はうつむいて下を向いている。
もう一人は
「やらなければならないのはわかっているのですが、仕事で午前中は空けられないので、会議には全部出られないと思います。みなさんにかえってご迷惑がかかるので」
といったことを消え入りそうな声で言う。

しばらくまた沈黙が訪れる。

このまんまじゃ進まないだろうな。
どうしてもやる人がいなければ、私は暇なわけじゃないけどフリーランスだから
年10回の会議くらいなら出られないとも言えないし、手をあげるべきか。。。
でも、もう3回も会長やってるしな、今年50だしな、、若手に譲るのが筋だって思うし、、。

しかし、このラチのあかなさ感。耐えられない。
ので、手を挙げて言った。
「先生、大変申し訳ないのですが、一瞬席をはずしていただいていいですか?
みんなで話し合いがしたいので」
と、まあ言わなくてもいいことを。

一度、堅い空気をほぐして、
「あんたどう?」「いや、○○さんも手伝ってくれるっていうんならなんとか、、」というような話が出てくれば突破口が開かれる。
「誰か、上の子で卒対やったことある人います? どんな仕事するんです?」
と呼びかける。とにかく空気を動かさないと、、。
と、経験者が一人いて、仕事の説明をしてくれる。
すると、ばたばたと手があがり、3人定員のところ、4人が卒対に決まった。

さあ、あとはクラス委員。

と、ある保護者が言った。
「今までやったことない人がやればいい話じゃないですか」
たまりかねたといった感じで他の保護者も言った。
「だいたい、仕事があるからできないなんて、仕事のない人がやれって言っているのと同じじゃない」

きた~。こういう展開。
一番嫌。。。

ほかの人はシーンと黙ったまま。
黙っているということは、同意と同じようなもの。

まるで集団いじめ。
子どもに対して恥ずかしくないのか。
あんたたち、そうとう怖いよ、、。

やったことない人がやるべき、そりゃ、当の本人だってわかってるだろう。
それでもやれない事情があるって考えてあげてもいいんじゃないの?
私には関係ないわよ、ではなく、なんとかしてあげられないかな、という
発想を持ってもいいんじゃないかな?

「年に10回程度の会議ですよ、3人の委員で交代して出るとしたら年3回程度、それだったらなんとかなる人いませんか?」
ぶっちゃけもう6年なんだし、いろいろ議論したって議案が採決されて施行されるときは私ら卒業。バカ正直に全部の会議に出られなくてもまあいいじゃない。それでだれかが「それならやれる」って言ってくれるなら、と思ってそう言ったのだけど、みんなの差すような視線が怖かった。

まあ、この中の人全員に嫌われても全然怖くないけど、、。
会長職やって総イジメにあって、ストレスでガンになって死ぬかもっていうくらい思いつめた経験がある私としては。。。

じりじりと、気まずい時間が流れたが、
あっけなく結末はやってきた。
いったん卒対に決まった人のうち一人が、
「私は午前中の会議に出られるので、クラス委員をやりますから、あなたは卒対をやりませんか?」
と、一度も委員をやったことのない人の一人に言ったのだ。この人は救世主!
卒対の打ち合わせ時間は午前と限らずメンバーの都合で決められる。

残りの一度も委員をやったことない人は、「もう一人の方と分担してならなんとかやります」ということでクラス委員となった。

じゃあ、最後、「専門委員は私がやります」と手を挙げたら、
「それは、今日欠席している人で、立候補した人がいるからもう決まっている」だって。
赤っ恥。。

「じゃあ、決まった人に大きな拍手!」と無理やり盛り上げて、
会は終わったが、なんとも後味が悪かった。

きれいごとと言われても、
私は困っている状況にあって、知らぬ存ぜぬとばかり黙っていることはできないし、
困っている人を追い詰めるのはしたくない。
そういう人たちの側には絶対つきたくない。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年04月20日(Fri)01:17 [EDIT]


 

トラックバック