いしぷろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーランス5か年計画

毎月1回、働く女性たちが集まって、互いに情報交換をしあうランチ会があるのですが、
毎回、各界で活躍する女性をお迎えして、体験談を聞くのが恒例になっています。

今日は、もと新聞記者で、現在、昭和女子大の特命教授をされているFさんがゲストでした。
短い時間に、非常にたくさん学ぶべきことをお話しくださいました。

そのうちの一つが、「フリーランス5か年計画」。
Fさんが、新聞社に入社して、新人研修のときにお世話になった先輩が、研修のときはとても輝いていたのに、数年後には暗い表情になり、「でも転職できるところもないし」と言うのを聞いて、5年後には、会社を辞めてもどこででも生きていける人間になろうと決意したそうです。
そのための布石として、(1)1年は無職でも困らないだけの貯金(2)在職中に本を1冊は出す(3)月に1人ずつ出版社の知り合いを作る(5年なら60人になる!) という3つの目標を掲げました。
その3年後、お母様の介護をしなければならなくなりました。休職してお母様の介護をしたいと思いましたが、
当時は育児介護休暇が法制化されていなかった。が、もう3つの目標は達成していたので、
思い切って2年早く会社を辞め、フリーで働きながら、お母様の介護も両立させたそうです。

この話から学んだのは、
「何年後にはこうなっていたい」と目標を持つことの大事さ。
そして、それが、絵に描いた餅にならないように、布石を打っておくことの大事さ。
つまり、なんとなくぼやっと生きていてはいけない、ということ。
しかし、思うようにならないこともある。
そのときは、最初の計画に拘泥せず、思い切った決断も必要、ということ。

そのほか、Fさんから聞いた話で、なるほど!と感動したこと、忘れないように
キーワードだけでも以下に記しておこう。。

ルーレットは複数賭けよ。
 ⇒いろいろな選択肢を持っておいたほうがいい

無事これ名馬なり
 ⇒怪我をするサラブレットよりも地味でも怪我をせず(無事)よく働く馬のほうがいい、ということ。言い換えれば、スーパーキャリアよりも「そこそこキャリア」のほうがいい。スーパーな人はどこかにひずみができるもので、案外そこそこキャリアの人のほうが、すごい出世はしていないけど、幸せな人生を歩んでいるものだ。

嵩張らない男を選べ
 ⇒結婚するなら、男性は女性の上に立つべきだ、という固定観念から自由な人、女性が社会で活躍したいと思うときに足かせにならない人を選べ。

あと、次はFさんではなく、ランチ会のリーダーのYさんの言葉。

空気なんて読まなくていい!
 ⇒空気を読める人になる、ということは、その他大勢の人になるということ。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。