FC2ブログ
 

いしぷろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは無力なのだろうか

お盆ですね、世の中は夏休み。
フリーランスの私にはあまり関係がないですが、このところ、ずっと忙しかったので、お盆前に極力仕事は終わらせて、今週はのんびり過ごすつもりです。

ところで、8月になると、毎年、テレビも新聞も戦争の話題が増えますよね。戦争の痛ましさ、愚かしさを忘れないためにも、それは大事なことだとは思うのですが、一方で、慰安婦問題とか領土問題などになると、
若い頃は、「とっくに終わった戦争のことにいつまでこだわるのだろう」と思っていたのです。
でも、今はそうは思いません。
終わったこと、として簡単に片づけてはいけない、ご先祖様たちのやったことだけど、それは私たちも背負って生きていかなければならないのかな、と思います。具体的にどうするの??と聞かれると、きちんと答えられない自分がカッコ悪いのですが、せめてできることは、過去の戦争について、きちんと知ることなのかな、と思います。本を読むことは、だれにでもできることなので、まずはそれがおすすめ。体験談でもノンフィクションでも、小説でも。

安倍総理が、なぜ憲法改正に政治生命をかけるとまで言ってるのか、なぜ、集団的自衛権を行使しようとしているのか、まったく理解できない。庶民のだれもあの戦争は望んでいなかった。そして、今、庶民のだれも、憲法9条の改正を望んでいないと思う。

子どもたちの未来を守るために、私たちに何ができるのだろう。デモをしても、選挙でも何も変わらなかった。私たちは全くの無力なのだろうか。何をすればいい?どうやって??そんなことを考える日々です。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。