いしぷろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ連載第9回「フリーライター20年やってます」3たび売り込みす

 年初に、今年の目標を20項目くらい書いたのですが、そのうちの一つが、「ワークライフバランス」。が、年明け2週間にして、有名無実な目標に。なんかめちゃ忙しい!!! でも、「休みがほしい」なんて言ってはバチがあたります。駆け出しのフリーライターの頃、手帳が取材でびっしり埋まっている先輩ライターを見て「いいなー、私もあんなふうになりたい、、」と思っていたことを振り返ると、夢がかなったと言うべきで、これは本当にありがたい。いつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます!

 さて、チタンのような女と言われた私が、出産後せっかく得た仕事を断念したところまでお話ししました。
 ここまで読んでくださった人の中には、そろそろこんな疑問をお持ちになる方もいるんじゃないでしょうか。
「夫は何をしていたんだ」と。
 これもそのうち書こうと思います。
 ワーキングマザーを続けようと思ったら、「夫とどう折り合いを付けるか」は絶対避けて通れない道。そもそもこの連載は、私と同じようにフリーランスで子育てと仕事を両立したいと思う人の参考になればと思って始めたわけだから、そこもはずせないのかなと。まあ、あの失敗例に学べ、みたいな内容になるかもしれませんが。。

 だいぶ話が横道にそれました。
 
 売り込みの話にもどりましょう。
 ファッション雑誌に売り込みに行ったのと同じ頃、女性のキャリアアップがテーマの、ある雑誌の編集部に売り込みに行きました。

 実はそれが一番書きたい雑誌でした。

 連絡先を調べ、まずは手紙を書き、手紙が着く頃に電話をしてアポをとる。いつものパターンです。
 雑誌の裏表紙には、編集部の住所と、編集長の名前(男性)、そして副編集長の名前(女性)がありました。ここが私のチキンなところですが、男性の編集長に連絡をするのはなんか怖い、連絡するなら女性の副編集長のほうにしようと思いました。

 これは後から思えば正解でした。大所帯の編集部にはありがちですが、実際に雑誌のことをすべて掌握して現場を仕切っているのは編集長ではなく副編集(しかもデキる女性)ということが多いのです。弱気な性格が幸いして、私はいきなりキーマンに会うことができたのでした。
 
 ファッション雑誌のときと同様、ワーキングマザーについての特集の企画書と、作文のような原稿を携えて、副編集長のYさんを尋ねました。
 ひととおり私の話を聞いたあと、Yさんは言いました。
「こういう企画、私もやりたいんだけど、あまり売れないのよねぇ」

 Yさんは、ご本人曰く、“この業界ではおそらく唯一の” 結婚・出産後も働いている副編集長。自分もまさにワーキングマザーとして奮闘しているのでやりたい企画だけれど、そのテーマに該当する読者も、関心のある読者もいないだろう(20年前はそうだったのです!)と。売れない企画をやるわけにはいきません。
「せっかく来てくれたのに悪いんだけど」と、帰されてしまったのでした。

 ところが、これまた忘れた頃に、編集部から一本の電話がかかってくるのでした。(まさかの、同じパターン!)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私もワークライフバランスがずっと頭にあります。

私もワークライフバランスがずっと頭にあります。

こんにちは。田村です。
最新のものから読ませていただいてますが、
貴重な実体験を教えてくださり、とても興味深い内容です。
ありがとうございます。

私もワークライフバランスがずっと頭にあります。
昨日、質問できずに終わってしまったので、しばらく呆然とした程です。
個人でどれだけの時間を仕事に注ぎ、どれ程稼ぐことができるのか、
石井さんはその限界点を感じたことはありませんか?

もちろん、職種や体質によって様々に異なるとは思いますが、
私は他の方のよい方法を真似て、その限界値を知りたいのです。

ワークライフバランス(仕事と生活の調和)は、石井さんと同様に私も調整が難しく、昨年は15年以上の経験のなかで初めてギブアップしました。身体を壊せば全てを失うと恐怖し、そもそも私は喜びのために仕事を続けてきましたから、その経験により仕事に対する価値観が一度リセットされました。

理想像を探し続け、自分なりの答えが見つかりつつあります。
「変革するワーママたち」を特集した昨年10月号のAERAに衝撃を受け、捨てることができずにおります。
私だけではなく、いま、多くの女性達が、自分なりの幸せのために一生懸命方法を模索しているだと思います。
変化の過程を楽しみながら、自由であることに感謝して動いてゆきたいのです。
石井さんに力をわけていただきますね。

今後ともどうぞ宜しく御願い致します。

田村磨弥 | URL | 2015年01月31日(Sat)09:44 [EDIT]


Re: 私もワークライフバランスがずっと頭にあります。

田村さん、コメントに気づきませんでした。ごめんなさい。
ワークライフバランスは大事であり、ベストバランスを保つのは難しいですよね。
優先順位の付け方がキーポイントと思います。それは子どもの年齢、自分の年齢など、周囲の状況によって刻々変わるものだと思います。
私は子どもが小さい頃は、子どもが最優先でした。そのために仕事が思う存分できず苦しんだことは当然あります。今は、子どもたちも大きくなり、仕事が最優先。家族のために自分は十分なことができていないのでは、とこれも私を苦しめています。
結局、人は一人では生きていけないかぎり、自分のしたいことだけするわけにはいかないので、がまんしたり、妥協したりせざるをえない。
それをストレスにせず、「まあいいか」と受け入れること。
完璧ではないまでもそこそこワークライフバランスが保てればよしとすることが
私なりに見つけた答かな。。

> 私もワークライフバランスがずっと頭にあります。
>
> こんにちは。田村です。
> 最新のものから読ませていただいてますが、
> 貴重な実体験を教えてくださり、とても興味深い内容です。
> ありがとうございます。
>
> 私もワークライフバランスがずっと頭にあります。
> 昨日、質問できずに終わってしまったので、しばらく呆然とした程です。
> 個人でどれだけの時間を仕事に注ぎ、どれ程稼ぐことができるのか、
> 石井さんはその限界点を感じたことはありませんか?
>
> もちろん、職種や体質によって様々に異なるとは思いますが、
> 私は他の方のよい方法を真似て、その限界値を知りたいのです。
>
> ワークライフバランス(仕事と生活の調和)は、石井さんと同様に私も調整が難しく、昨年は15年以上の経験のなかで初めてギブアップしました。身体を壊せば全てを失うと恐怖し、そもそも私は喜びのために仕事を続けてきましたから、その経験により仕事に対する価値観が一度リセットされました。
>
> 理想像を探し続け、自分なりの答えが見つかりつつあります。
> 「変革するワーママたち」を特集した昨年10月号のAERAに衝撃を受け、捨てることができずにおります。
> 私だけではなく、いま、多くの女性達が、自分なりの幸せのために一生懸命方法を模索しているだと思います。
> 変化の過程を楽しみながら、自由であることに感謝して動いてゆきたいのです。
> 石井さんに力をわけていただきますね。
>
> 今後ともどうぞ宜しく御願い致します。

ishipro | URL | 2015年03月19日(Thu)14:11 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。