いしぷろ日記

今度こそ!50歳からの英語修業~その16

学校選びのポイントは

まず、自分は何を重視するかを整理しよう

フィリピンのおすすめの語学学校は?とよく聞かれるが、一つに絞るのは難しい。理由は、人によって重視するポイントが違うから。できるだけ安く上げたいという人もいれば、少々高くてもいいから快適な環境がいいという人もいる。リゾートも楽しみたいから海の側がいいという人もいれば、遊びの誘惑が少ない田舎の学校がいいという人もいる。

自分にとって一番いい学校を選ぶためには、自分は何を重視するのかを整理しておくといい。ポイントとなるのは次の5つ。

(1)政府の認定を受けているかどうか
(2)国籍比率
(3)勉強重視か観光か
(4)キャンパス型かビル型か
(5)快適性重視か金額重視か

(1)政府の認定を受けているかどうか
学校フィリピンには数多くの語学学校があるが、質のわるい学校、違法な学校も多いと聞く。その学校が、TESDA(Technical Education and Skills Department Authority=フィリピン労働雇用省技術教育技能教育庁)の認定を受けているかどうかを必ず確認しよう。認定を受けていない学校は違法。カリキュラム、教員の質、設備、安全面などで一定の水準を満たしていないとTESDAの認定を受けることはできない。

(2)国籍比率
英語漬けの環境に浸りたいなら、学校の国籍比率は重要なポイント。一般的に、日本人経営の学校には日本人留学生が多く、韓国人経営の学校には韓国人が多い。日本人が多いとよほど強い意思がない限り、つい日本語を話してしまい、英語漬けの環境になりづらいのが難点。韓国人経営の学校は、韓国人が多いので共通言語として英語を話さざるを得ない環境になる。

ずっと英語漬けの環境は不安、困ったときに相談できる日本人がいると心強いという理由からあえて日本人比率の高い学校を選ぶというのもアリ。要は、自分が何を重視するかだ。

国籍比率は、webサイトで公開している学校もあるので確認するといいだろう。いろいろな国籍の人たちと知り合い、文化の違いを知ることも留学の醍醐味の一つだ。

(3)勉強重視か観光か
とにかく勉強を重視したいなら、スパルタ式を謳っている学校を選ぶといい。フィリピンの語学学校は基本、すべてスパルタ式だが、厳しさは学校によって若干違う。学校のwebサイトで、カリキュラムの内容や何に重点を置いているかを確認できる。おおざっぱに言って、韓国系の学校のほうがスパルタ度合いが強いようだ。また、山岳地帯にあるバギオは、近くに遊べる場所が少ないので、勉強に集中したい人に人気だ。

観光も兼ねてフィリピン留学をしたいなら、セブがおすすめ。リゾートホテルを改装した学校や、リゾートホテル内に学生寮がある学校もある。カリキュラムも、朝から晩までみっちりではなく、1日4時間程度のゆったりコースを用意している学校もある。

(4)キャンパス型かビル型か
フィリピンの語学学校は、一つの敷地内に、教室、学生寮、食堂、グラウンドやプールが完備された「キャンパス型」と、ビジネスエリアの中の高層ビル内にある「ビル型」がある。

キャンパス型は、学校の敷地内ですべての生活が完結でき、便利で安全だが、外の世界に触れる機会が少ない。

ビル型の場合、滞在は、ホテルやレジデンス(ワンルームマンション)、シェアハウスなどになる。そこから学校まで、バスなどで通わなければならないが、現地の生活を垣間見られる、生活にメリハリができるなどの利点がある。

(5)快適性重視か金額重視か
学生寮には、一人部屋~2人、4人、6人部屋などがあり、当然ながらシェアする人数が多くなるほど費用は安くなる。その分、快適性は落ちるだろう。

でも、ほぼ1日中、授業をしているか自習室で勉強をして、部屋には寝に帰るだけと思えば何人部屋でも大差はない、という考え方もある。外国人留学生と同室にしてもらって、部屋でも英語漬けの環境にする、ということもできる。

街の中心地にある学校と田舎にある学校では田舎の学校のほうが若干安い。また、日本人経営の学校よりも韓国人経営の学校のほうが授業料はやや安いようだ。

食事面では、日本人経営の学校のほうが日本人の口に合った食事が出るが、韓国系の学校は、韓国料理が多いという傾向はある。

今度こそ!50歳からの英語修業~その15

フィリピンの治安ってどうなの?

学校の送迎サービスを利用すれば安心

フィリピンの情報をネットやガイドブックで調べていると、タクシーでぼられた、意外に銃社会らしい、観光地でストリートチルドレンに小銭をねだられた、スリに遭ったなど、フィリピンに行くのが怖くなるような情報のオンパレード。私も、一人で取材に出かけるときは、「生きて帰れないかも……」とマジで思っていた。

でも、留学目的で行く場合、治安については心配しなくていい、と言える。理由は、多くの学校が、有料だが送迎サービスを行っているから。距離にもよるけれど、たとえば私が短期留学をした学校は、マニラのニノイ・アキノ国際空港から車で4~5時間かかったが、5000円程度で送迎してくれた。

取材のときは高速バスに乗って自力で行ったが、そのときは片道700ペソ(約1400円)。バスに比べると学校の送迎料金はだいぶ高いけれど、安全・安心料だと思えば安いものだ。海外は初めてという人、フィリピンは治安が悪いから心配という人には絶対におすすめ。

留学中は、学校内に缶詰状態で勉強漬けの日々を送る。フィリピンの学校は、24時間警備つきのゲートで囲まれた安全な環境の中に、教室、寮、食堂、学校によってはプールやジムなど、生活に必要なすべてが揃っている。留学期間中、一歩も外に出なくても困ることはない。つまり、学校にいる限りは、危険な目に遭うことはない。

でも、ずっとキャンパス内にいたら息が詰まってしまう。平日は外出禁止という学校も、土日は外出許可が出るところがほとんどなので、たいていの留学生は外に出て、観光やショッピングを楽しんでいる。冷房がよくきいた大型ショッピングモールもあるし、ローカルな市場をぶらぶら見て歩くのはかなり楽しい。昼間一人で歩いていても特に危険は感じない。

ただ、暗い道やスラム街のようなところを一人で歩かない、リュックやバッグの口を開けたまま歩かない、など最低限の注意は怠らないこと。

ATMでカードの情報をスキミングされるなどの被害は、私は実際には遭ったことはないけれど、口コミではよく聞く。ATMを利用するときは、空港や大型ショッピングモール内のものを利用したほうが安心。語学学校では初日のオリエンテーションの後、日用品を購入できるショッピングモールや安全なATMの場所を把握できるよう、市内ツアーを開催してくれる学校も多い。

タクシーでぼられないために

フィリピンでよくあるのはタクシーでぼられること。メーターの無いタクシーも多く、降りるときになって高額な料金をふっかけられるという話もよく聞く話。

私は幸いそのような経験はなかったが、心配なら、ウーバー(Uber)やグラブ(Grab)タクシー(スマホのアプリからタクシーを直接呼ぶことができるサービス。あらかじめ、行先を提示し、料金見た上で運転手を選ぶことができる。スマホで運転手の顔写真や過去の評価も見られるので安心)を使うのがおススメ。

日本の感覚だと正規のタクシーのほうが安全というイメージがあるけれど、フィリピンでは逆。現地の人でさえ、「フィリピンのタクシーはぼられるし道を知らない運転手も多い。ウーバーのほうが、乗る前に料金がわかるし、GPSを使うから道に迷う心配がなくて安心」という。

やたら親切なフィリピン人には気をつけよう

観光地に行くときは注意が必要。親しげに話しかけてくるフィリピン人には要注意。と言っている私が、親しげに話しかけてくるマリオという少年にまんまとやられたのだが……。

取材でセブ島を訪れていたときのこと、少し自由時間ができたので、女子カメラマンのU子ちゃんと、ATMでお金を下ろしがてら、スーパーで買い物でもしようと、タクシーで近くのスーパーに立ち寄った。タクシーではぼられることもなく無事、目的地で降りたんだけど、降りたとたん、「日本人?」と話しかけてきたのがマリオだったのだ。

「レストラン行くの?いいところあるよ」「お土産物を買うならこっちにお店があるよ」など、片言の日本語で話しかけてきて、いらないと言ってもどこまでもついてくる。スーパーに入っても、ぴったりついて、「○○売り場はこっち」だの「これはドリアン」だの、親切にガイドをしてくれる。

こっちは、ただビールが買いたいだけだし、ビール売場なんてすぐ見つかるし、と思うんだけど、お構いなしについてくる。うっとうしいなと思いつつ、マリオの屈託のなさにほだされて、「バナナチップはどのブランドのがおススメ?」「このスナック菓子は、何味がおいしいの?」と、会話を楽しみつつ買い物をすることにした。

で、「親切にしてくれたから、別れ際にガイド料として100ペソくらいあげるか」という気になっていた。

が、レジで財布からお金を出して支払いをすませたとたん、「はい、ガイド料、一人300ペソね」とマリオ。一気に現実にもどってしまった。ああ、これがフィリピンなのか! やられた。でも、300ペソといっても日本円にして600円程度。ぶりぶり怒るほどでもない。が、言われたまま払うのもしゃくだからU子ちゃんと2人で300ペソにしてもらった。

フィリピンでは、命を狙われるような危険な目に遭うことはそうそうないとしても、この手の被害はちょこちょこあると覚悟したほうがいいのかも。

フィリピンでは、移動手段としてジープニーという、ジープを改造したようなバスがよく見られる。どこまで乗っても7ペソとお安くて便利なのだが、降り際に、さっとスマホや財布などをすられることがままあるらしい。スマホに夢中になっている間にバッグから財布をすられた、という留学生もいた。自分の身の周りのものは常にしっかりガードして、ぼんやりしないほうがよさそうだ。

今度こそ!50歳からの英語修業~その14

それでもやっぱりフィリピン留学は不安?

フィリピン英語じゃ通用しない、は本当?

フィリピン留学の魅力をこれでもかと語ってきたけれど、ここはイマイチだよね、というところも語らないとフェアではないだろう。

正直に言うと、「フィリピンなんかで英語を学んでも意味がない」という人はいる。

“意味がない”と言われる理由としては、「フィリピンの英語では英語圏では全く通用しない、発音が違う」というのが一つ。もう一つは、「留学の価値は英語力アップだけではなく、その土地の文化に触れること、フィリピン留学では現地の文化に触れる機会がないし、学生のほとんどは日本人だから、異文化に触れる機会もない」というもの。

まず、発音についていうと、たしかに、年配のフィリピン人の英語はかなりなまりが強いかもしれない。でも、若い人、とくに高等教育を受け語学学校で教員として働いているフィリピン人に関しては、発音はネイティブのそれとほとんどかわらないのではないだろうか(あくまでも、バイリンガルではない私の印象だが…)。国際的な調査でも、フィリピンは、英語圏以外で世界3番目にきれいな英語を話す国と言われている。

「フィリピンの英語では通用しない」、それは確かにそうかもしれない。「フィリピンで英語を学んだのち、自信満々でオーストラリアに行ってみたら、話すスピードが全然違って、会話についていけなかった」という人はいた。

が、「語学学校内で、先生とならナチュラルに会話できていたのに、学校の外に出てみたら通じなかった」というのはフィリピンのみならず、他の国に留学した人からもよく聞く言葉だ。

「先生はこちらが外国人という前提で、ゆっくりわかりやすく話していてくれただけであって、一般のネイティブスピーカーは語学学校の先生のような配慮はしないで普通の速度で話すから、会話についていけない」というわけだ。だから、欧米の学校でもフィリピンの学校でも、語学学校で学んだだけではだめで、学校で基礎を学んだらあとは街に出て経験値を上げないと、ネイティブとすらすらと会話ができるようにはならない。

異文化交流についていえば、確かにあまりチャンスはないかもしれない。フィリピンの多くの学校はゲートに囲まれていて、外部から隔絶された環境にある。だからこそ安全なわけだが、現地の人と交流するチャンスは少ない。また、フィリピンの語学学校の中には日本人率がほぼ100%という所も多い。それが安心だからと、あえてそういう学校を選ぶ人もいるが、強烈な異文化体験をするチャンスもない。

もし異文化交流も体験したいなら、その学校の学生の国籍比率を確かめることだ。韓国、中国、台湾、タイ、ベトナム、まれにヨーロッパやアフリカからの学生が学んでいる学校も数多くある。

というわけで、まとめると、「フィリピン留学では正しい発音は身につかない」とは言いき切れない。「フィリピン留学で身についた英語ではネイティブとの会話には通用しない」は、フィリピン以外の国に行ったとしても同様かもしれない。「異文化体験はできない」については、本人のはたらきかけ次第ではゼロとも言えない。

これらのマイナス面と、コスト面などのプラス面を勘案して自分で判断するべし、ということになるだろうか。

今度こそ!50歳からの英語修業~その13

フィリピン留学人気地といえば?


ダントツ人気はセブ

フィリピンの中でも最も人気の留学地はセブだ。
セブは、国際空港のあるマクタン島と、マクタン島から橋を経由して車で40分程度離れているセブ島からなっている。

学校はマクタン島にもセブ島にもあるが、ビーチが近いのはマクタン島。ビーチ周辺には、高級ホテルが立ち並ぶリゾートエリアが広がっている。マクタン島にある語学学校は、ホテルを改造したリゾートテイストたっぷりの学校や、近隣のリゾートホテルと提携し、生徒は格安でホテルのプライベートビーチやスパを利用できる学校もある。

セブ島は、高層ビルが立ち並ぶビジネスエリア近辺に多くの学校がある。海よりもショッピングなどシティライフを楽しみたい人にはセブ島がおすすめだ。

観光地は、若干治安が悪かったり、ストリートチルドレンなど、貧しい人たちを目にすることもあるが、ビジネスエリアは、大きなゲートで他の地域と区切られていて、きちんとしたスーツ姿のビジネスパーソンや、一瞬ここはニューヨーク?と思うような(行ったことはないが、あくまでもイメージ)ジョギング中の女子たちをちらほら見かけたり、そこだけ別世界の様相を呈している。ストリートチルドレンを見ることはないし、一人で夜歩いていても危険を感じることはない。

本当は教えたくない人気地、バギオ

もう一つの人気地はバギオ。空港から陸路で6時間以上かかる不便さはあるが、標高1500mの高地にあり、気候がよく、常に25度前後という過ごしやすさが魅力。常夏というイメージのフィリピンにあって、この涼しさはありがたい。国内で唯一、イチゴが採れる地域でもある。

山間部の学校だと、遊ぶところが近くになく、取材した人の中には、「セブよりも勉強に集中できるから」という理由でバギオを選んだ人も多かった。

バギオは、マニラやセブに比べるとのんびりした田舎なので治安もいい。フィリピンといえば、口コミサイトなどでよく「タクシーでぼられる」と聞くが、バギオではタクシーにぼられたことはないし、1ペソでもきっちりお釣りをくれる。

高級住宅地や別荘の多いバギオはフィリピン人にとって憧れの地だという。学歴が高く、まじめな人が多いとも言われていて、男性の間では「彼女にするなら海辺の女、結婚するならバギオの女」とささやかれているのだとか。

加えてバギオは、Camp John Hey、Mines View Parkなどの見どころも多く、最近人気のOutlook Driveという通りには、おもわず「ここは本当にフィリピン?」と思うようなオシャレなレストランやカフェが点在する。
あんまり人気になって観光客が押し寄せると嫌なので、本当はあまり教えたくないエリアなのだ。

近代都市マニラは社会人に人気

セブ、バギオに次いで人気なのはマニラ。治安が悪いイメージがあるが、フィリピン大学やアテネオ大学などの名門大学が集積するケソン市、日本企業も多く進出しているアラバン、マカティなどのエリアは治安もよく、生活に便利な大都会だ。
空港から近く便利なので、学生よりも企業研修などで訪れる社会人が多い。そのため、学生寮ではなく、学校が借り上げているワンルームマンションやホテルを滞在地としている学校もある。もう、若い学生の中にまじってワイワイする元気はない、という社会人はこちらのほうが気がラクかもしれない。

ほかにも、イロイロ、ダバオ、クラークなどに語学学校がある。
ところで、私が実際に留学したのは、ターラックという、マニラから車で4~5時間のところにある学校。これについてはあとで詳しく紹介したい。

今度こそ!50歳からの英語修業~その12

フィリピンの語学学校とは

韓国資本 VS 日本資本の学校

フィリピンの語学学校は、大きくは、韓国資本の学校と日本資本の学校に大別される (米国資本の学校もあるがまだ少数)。

フィリピン留学といえば、「低価格でマンツーマン、スパルタ式」(これについては後述)が最大の特徴。この留学のスタイルを作ったのは韓国だ。2008年ごろに多くの韓国資本の語学学校ができ、生徒も韓国人が多かったという。その効果の高さが口コミで広がり、日本からも留学に訪れる人が増えていった。

このスパルタ式教育を日本人にも合うようにカスタマイズして、日本人向けの語学学校を作ろうと考えた人たちが、日本資本の語学学校を開設し始めたのが2010年ごろ。

セブ島にあるQQイングリッシュやファーストイングリッシュが、まさにそういう語学学校の一つ。QQイングリッシュは、バイク便の株式会社キュウ急便(QQ便)の創業者、藤岡頼光さんが2012年にセブのITパークというビジネスエリアに設立。英語脳を鍛えるカランメソッドが人気の学校だ。ファーストイングリッシュは日本で塾経営をしていた本多正治さんが、塾のメソッドを活かして日本人に合った独自のプログラムを提供している。

これら日本人経営の学校の特徴は、韓国資本の学校のよい面は残しつつ、教室がカフェのようにおしゃれだったり、部屋の設備が充実していたり、日本人に合わせたホスピタリティが行き届いていること。日本人比率が高いので、いきなりオールイングリッシュの環境に飛び込むのが不安な人にも安心。

ただ、日本人比率の高さは、英語の上達という面では欠点でもあるのだが…。

スパルタはフィリピン留学の代名詞

フィリピンの留学の最大の特徴は、スパルタ式のカリキュラムだ。

何がスパルタかというと、既に述べたように、マンツーマンの授業が朝から晩までみっちりあること。さらに放課後には強制自習や義務自習と呼ばれる時間があり、平日は遊ぶ暇もない。平日は門限があるか外出禁止。学生寮に缶詰で勉強漬けの生活を強いられる。

学校や寮内での会話は英語オンリーで母国語禁止。ついうっかり母国語を発したら罰金、という学校もある(詳しくは後縦)。「放課後は日本人同士で固まって、結局英語力が伸びなかった」という留学の失敗談はよく聞くが、このスパルタ環境ではそういうこともなさそうだ。

ただ、フィリピン留学が知られるようになるにつれ、留学生のニーズも多様化し、厳しすぎるスパルタ式を嫌う学生もあり、準スパルタ、リゾート型、と呼ばれる学校やコースも増えてきている。

EOPポリシー

EOPとはイングリッシュ オンリー ポリシーのこと。つまり、学校内では、英語しか話してはいけないというルール。

授業中、オールイングリッシュで話しても、休み時間に日本人同士でかたまって、日本語で話してしまったら、せっかく英語脳(英語で考え英語で話す)になりかけていたのが一気にもとにもどってしまう。それを防ぐために、どこの学校でもEOPをかかげている。しかし、徹底しているかどうかは学校によってかなり違う。

キャンパス内は24時間いつも母国語禁止。もし母国語を話しているところを見つかったら罰則があるという学校もあれば(ただし罰則の厳しさもそれぞれ)、週に1回だけEOPデーを設けている、食堂の決まったテーブルだけ、あるいは共用のラウンジだけ、EOPエリアになっている、希望者だけEOPバッチをつけて英語でしゃべる、などルールはまちまちだ。

留学生の国籍比率の影響も大きい。日本人の多い学校だと、日本人同士でわざわざ英語を話すのは気恥ずかしい、面倒、という気持ちが働いて、EOPルールはくずれがちだ。逆に、外国人が多い学校だと、共通言語として英語で話さざるを得なくなる。

傾向としては、日本人経営の学校は日本人が多く(80~100%というところも)、韓国資本の学校は日本人比率が低い。日本人比率が低い環境に身を置くために、あえて韓国経営の学校に行くという人も多い。